アルファタウリ代表、ホンダのF1活動終了を惜しむ「ベストエンジンのひとつにまで進歩していた」

 ホンダが2021年末でF1活動を終了するという発表を受け、2018年からパートナーを務めたアルファタウリ(前トロロッソ)がコメントを発表した。

 2015年からパワーユニット(PU/エンジン)をマクラーレンに供給する形でF1活動を再開したホンダは、2017年末で提携を終了。2018年からはアルファタウリの前身トロロッソと、翌2019年からはトロロッソの姉妹チームであるレッドブル・レーシングとも契約を結び、2チームへの供給を開始した。

 2019年にトロロッソは表彰台を2回獲得、2020年イタリアGPでは後身アルファタウリのピエール・ガスリーが優勝するという快挙を達成した。

 アルファタウリとホンダの関係は非常に良好であったため、チームはホンダの活動終了を残念に思うとしながらも、感謝の言葉をリリースに綴っている。

「スクーデリア・アルファタウリは、本田技研工業株式会社が2021年シーズン末でF1活動を終了するという決定を下したことを認識し、スクーデリア・アルファタウリとレッドブル・レーシングのパワーユニット・サプライヤーとして並外れた努力を注いでくれたことに対し感謝したい」とアルファタウリのリリースには記されている。

「このチームパートナーシップにより、2019年に協力し合って素晴らしい結果を達成することができた。ドイツGPでダニール・クビアトが3位、ブラジルGPでピエース・ガスリーが2位を獲得、彼は2020年のイタリアGPでは優勝を達成した。(レッドブルの)マックス・フェルスタッペンは2019年オーストリアGPでホンダに2006年以来の勝利をもたらし、さらに3回の優勝と13回の表彰台をわずか31回出走のなかで成し遂げた。ホンダはF1ハイブリッド時代の2014年以降、ふたつの異なるチームで優勝を挙げた唯一のパワーユニットマニュファクチャラーになったのだ」

「この決定が、今後のパートナーシップのなかで、我々が共有する目標を達成するためのホンダの取り組みに影響することはない。我々は2021年末までともに手を携えて成功を成し遂げていくことを目指す」

2020年F1第8戦イタリアGP ピエール・ガスリーのアルファタウリAT01にホンダとの50戦目を記念するロゴ
2020年F1第8戦イタリアGP ピエール・ガスリーのアルファタウリAT01にホンダとの50戦目を記念するロゴ

 チーム代表フランツ・トストは、ホンダのパワーユニットの進歩を称賛するとともに、これまでの協力に対する感謝を示した。

「スクーデリア・アルファタウリとホンダは、2018年に提携を開始して以来、非常に良好でプロフェッショナルな関係を築いてきた」

「この数年、我々は手を携えて素晴らしい成功を収めた。1勝を挙げ、2位と3位で表彰台に2回上ったのだ。ホンダがF1活動を終了すると決断したことは残念だ。F1に復帰して以来、彼らのパワーユニットのパフォーマンスは順調に改善していき、短期間でグリッド上ベストのエンジンのひとつに飛躍した。我々はともに今シーズンと来年の残りのレースのなかで強力な結果を達成し続けることができると確信している」

「ホンダが環境イニシアチブに焦点を当て、カーボンニュートラルの実現に注力するという決断を下した理由を、我々は尊重する。スクーデリア・アルファタウリは、彼らが目標を達成し、成功を収めるよう祈っている」

「実り多い協力関係を結んでくれたホンダに対し、心から感謝する。共に働いた一日一日が我々にとって楽しい時間だった。ホンダのようなエンジンパートナーを見つけるのはたやすいことではないが、2022年以降のパワーユニットの最善のソリューションを見つけるため、あらゆる可能性について検討していく」