「これだけ速くて走行10万キロオーバー!?」筑波を1分3秒台で駆け抜けるE36型M3!

旋回性能に磨きをかけたサーキットスペック!

過走行でエンジンはへたり気味!?

BMWのメンテナンス&チューニングを得意とする茨城県の“クリエイティブガレージK・T・O”が製作したこの美しいE36M3は、もてぎジョイ耐やアイドラーズを主戦場としているサーキット仕様だ。

心臓部に収まるのは、カタログスペック321psを誇る後期型のS50B32(3.2L直6)。M’sインテークにスプリットファイアコイル、センターパイプ、チタンマフラーなどを装備しているが、10万kmノンオーバーホールというエンジンは若干のパワーダウンも否めない状態だという。

メカニカルグリップを高めるために、前後とも9JのATS製ホイールに255幅のアドバンA050をセット。当然、E36のボディでは厳しいサイズのため、純正フェンダーを叩き出してワイドタイヤを押し込んでいる。

ブレーキはフロントがブレンボ6ポット+エンドレスローター。リヤが135用のキャリパーにE46M3のローターを流用して強化を図る。サスペンションはジールファンクションだ。

室内は無駄な装備の一切を省いた完全レース仕様といった仕上がり。ヘッドサポート付きのシートはレーステック製、レーシングハーネスはTRS製を装備している。

ダウンフォースの増強を目的に空力パーツは随所に装着されているが、それらもカーボン製を極力採用することで重量増を抑えている。軽さが生命線の仕様だけに、これらのパーツチョイスもタイムに大きな影響を与えるわけだ。

取材時のベストタイムは1分3秒268。日頃のメンテナンス有ってこそのものではあるが、10万kmオーバーでこの速さはE36型M3の有する資質の高さと、工業製品としての堅牢さを強く感じさせられる結果だ。

●取材協力:クリエイティブガレージ 茨城県行方市小貫182-20 TEL:0291-35-2143