「見た目はまるでメーカーの開発車両!?」鈴鹿最速を目指すBNR34サーキットスペック登場

メーカーの開発車両のようなルックスが斬新!

鈴鹿2分13秒350をマークする超速BNR34

鈴鹿サーキット最速の第二世代GT-Rを目指し、RH9にも所属する岐阜県の名将“デュ・ヴァン”が製作したBNR34の登場だ。

心臓部のRB26DETTは、ボア87φ×ストローク77.7mmのプロフィールを有するHKSの2.8Lキットステップ2を組み込んで排気量を2771ccまで拡大。ヘッドもフル加工を施した上、トルク特性の改善を狙ってVカム(可変バルタイ機構)を投入。RB26の“線の細さ”を完全に消し去ったのだ。

タービンにはウエストゲート式のT88-34Dをセット。ビッグシングルながらも、2.8L+Vカムの恩恵で実用回転域からレスポンス良くブーストが立ち上がる、非常に扱いやすい630ps仕様で仕上げられている。

重要なエンジマネージメントはHKSのF-CON Vプロが担当。エアフロをキャンセルしたDジェトロ制御としている。

サスペンションは別タンク仕様のクァンタム車高調をセット。スプリングレートはフロント16kg/mm、リヤ14kg/mmだ。アーム類はサスペンションに入力される負荷に対して、リニアに足を動かすことを目的にフルピロ化している。

ブレーキはフロント6ポット&リヤ4ポットのAPレーシング製キャリパーキットを導入し、強烈なストッピングパワーを確保。制動力を安定させるために、ローター冷却用のブレーキダクトも配備する。

サイドバー付きダッシュ貫通ロールケージが装着されたインテリアは、マルチファンクションディスプレイなどもキャンセルされておりスパルタンな雰囲気を放つ。

サーキット専用と割り切ってエアコンやオーディオ等の快適装備は撤去。さらにドライバーズシート以外の内装パーツを取り払うなど軽量化を進めた結果、車重は1380kgまで抑えられている。

ミッションはビッグパワーに対応しつつ、電光石火の変速スピードを実現するIパターンのシーケンシャルドグに変更。LSDはフロントにクスコのRS(1WAY)、リヤにOS技研のスーパーロックLSD(2WAY)をそれぞれチョイス。その上でミッションクーラーやデフクーラーなども組み込み、駆動系を鍛え上げている。

空力パーツもしっかり手が加えられ、オートセレクトのカナードやGTウイングを装着。またボンネットやトランク、ドアパネルはカーボン製へと変更して軽量化を推進。ブラックとシルバーのツートン仕様は、まるでメーカーの開発車両のようだ。

エンジン、駆動系、サスペンション、ブレーキとあらゆるパートに手が入った文字通りのフルチューン仕様。取材日のRH9鈴鹿アタックでは、2分13秒350という強烈なタイムをマーク。スペックに見合った実力を見せつけた。

●取材協力 ガレージ・デュ・ヴァン 岐阜県安八郡安八町南條1288-1 TEL:0584-63-1075