インディカー・シリーズの2021年カレンダーを発表。ナッシュビルでのストリート戦が新たに追加

 インディカー・シリーズは、2021年のレーススケジュールを10月1日に発表。3月7日にセント・ピーターズバーグで開幕し全17戦で争われる。

 新型コロナウイルス感染拡大の影響により、2020年は大幅にスケジュールが変更となったインディカー。残り3戦となった10月1日に来シーズンのカレンダーを発表した。

 2020年は最終戦にリスケジュールされたが、開幕戦は例年と同じくセント・ピーターズバーグで3月7日に開催。今年は中止となってしまった伝統のロングビーチ戦も4月に予定された。

 サーキット・オブ・ジ・アメリカズでのレースがカレンダーからなくなり、テキサス戦が5月1、2日にダブルヘッダーで予定。

 5月15日にインディアナポリス・モータースピードウェイのロードコース、そして5月30日に第105回インディ500の決勝レースが行われる。

 インディカーの代表を務めるマーク・マイルズは、「テキサス戦の変化はとても重要でエキサイティングだ。5月のインディアナポリス・モータースピードウェイでのレースの前にオーバル戦を1戦ではなく2戦開催することも、イベントの成長にとって戦略的であり重要なことだ」とコメント。

 デトロイト戦は例年通りダブルヘッダーで開催。2021年はインディ500から1週空いてのスケジュールとなる。ミド・オハイオ・スポーツカー・コースでのレースも7月上旬に移動となった。

 また8月のレースは大きな変化がみられた。

 9月16日にアナウンスされたナッシュビル市街地での新イベント「ミュージック・シティ・グランプリ」が8月8日に開催される。

「ナッシュビルのストリートでレースをする機会にとてもこうふんしている。大ヒットイベントになるだろう」とマイルズ。

 さらにシーズン2度目となるインディアナポリス・モータースピードウェイのロードコース戦が翌週の14日に予定。こちらはNASCARとの併催となる。

5月と8月の2回開催となったインディアナポリス・モータースピードウェイのロードコース戦
5月と8月の2回開催となったインディアナポリス・モータースピードウェイのロードコース戦

 アイオワ・スピードウェイと2020年に復活をする予定だったリッチモンド・レースウェイでのオーバル戦はカレンダーからなくなり、オーバル戦ラストとなるワールド・ワイド・テクノロジー・レースウェイ・アット・ゲートウェイでのレースが8月21日に予定されている。

 9月12日にポートランド戦、そして9月19日にウェザーテック・レースウェイ・ラグナセカで最終戦を行う全17戦のスケジュールとなった。

■NTTインディカー・シリーズ2021年レーススケジュール

ラウンド 日程 開催地
第1戦 3月7日 セント・ピーターズバーグ ストリート
第2戦 4月11日 バーバー・モータースポーツパーク ロードコース
第3戦 4月18日 ロングビーチ ストリート
第4戦 5月1日 テキサス・モータースピードウェイ/レース1 オーバル
第5戦 5月2日 テキサス・モータースピードウェイ/レース2 オーバル
第6戦 5月15日 インディアナポリス・モータースピードウェイ ロードコース
第7戦 5月30日 第105回インディアナポリス500マイルレース オーバル
第8戦 6月12日 デトロイト/レース1 ストリート
第9戦 6月13日 デトロイト/レース2 ストリート
第10戦 6月20日 ロード・アメリカ ロードコース
第11戦 7月4日 ミド・オハイオ・スポーツカーコース ロードコース
第12戦 7月11日 トロント ストリート
第13戦 8月8日 ナッシュビル ストリート
第14戦 8月14日 インディアナポリス・モータースピードウェイ ロードコース
第15戦 8月21日 ゲートウェイ オーバル
第16戦 9月12日 ポートランド・インターナショナル・レースウェイ ロードコース
第17戦 9月19日 ラグナセカ ロードコース