「ロータリー屋がイジった水平対向!?」420馬力のGDBインプ改サーキット攻略機!

HKSの2.2Lキットを軸に余裕のある420馬力仕様を構築!

富士スペックのインプレッサをターザン山田が試す

創業30年以上の歴史を持つRSパンテーラ(佐藤商会)。FD3S改3ローターNA仕様のデモカーが示す通り、積極的にREチューンの可能性を追求している名門だが、実は86&BRZやGT-Rなどレシプロエンジンのチューニングも得意としている。

今回紹介するGDBインプレッサは、オーナーとRSパンテーラが二人三脚で進化させ続けている1台。富士スピードウェイをターゲットステージに定めたサーキット仕様だ。

エンジンはGRBの新品ブロックをベースに、92.5φ×79mmストロークのプロフィールを持つHKSの2.2Lキャパシティアップグレードキットを導入してトルク特性を改善。そこにGTII8262タービンを組み合わせ、どこからでもパワーが追従する実測420ps仕様に仕上げられている。

冷却系はインタークーラーの前置き化を軸に、サーキットの連続周回でも音を上げないように徹底チューン。それでもEJ20はヒート傾向が強いため、バリスのクーリングボンネットを装備してエンジンルーム内に熱がこもらないようにしている。

足回りは、ジールファンクションベースのマルシェオリジナル車高調でセットアップ。サスペンションセッティングはオーナーが富士を走り込んで煮詰めた拘りのパートで、リヤのトーをアウト側に振っているところが特徴だ。

ホイールは、ハブを114.3に変更した上でボルクレーシングZE40(FR:10J×18+30)をセット。タイヤにはディレッツァZIIスタースペック(FR:265/35-18)だ。さらにブレーキにはAPレーシング製のシステムを投入し、長いストレート区間を有する富士スピードウェイでも安心して攻め続けられるようにしている。

室内は純正状態をキープ。サーキット仕様とはいえ公道走行可能なナンバー付き車両のため、エアコンやオーディオ等の快適装備は全て残したままで軽量化も行われていない。ステアリングはMOMOのチューナー、追加メーターはデフィのブースト計と水温計を視認性が良いメーターフード上にマウントする。

エクステリアは、イングスのNスペックバンパーにJUNのアンダーパネルを追加してフロントのダウンフォースを増強し、リヤはハイマウントのGTウイングで前後の空力バランスを最適化。機能最優先のエアロチョイスだ。

このチューンドを試乗したターザン山田は「ターンイン時にリヤが引っかからないから、サーキットを走るのが楽しいクルマだね。ラップタイムは1分56だけど、何周してもこのタイムで走れると思う。それくらいに安定して速いよ」と高評価。

ちなみに取材時のベストラップは1分56秒179。スペックを考えると十分すぎる速さだ。ロータリーのプロフェッショナルが手がけた拘りのボクサーチューンド、侮りがたし!

●取材協力:RSパンテーラ(佐藤商会)  静岡県富士宮市北山5220-2 TEL:0544-58-4837