清水和夫の好物全部乗せ! ポルシェ718ケイマンGT4は右ハン・MT・NA・MR・スポーツカー!!【頑固一徹 和】

■ジェントルなNAエンジンを8000rpm回す快感!

●つまんね~時代にホットスペックの718ケイマンGT4が登場

ポルシェ718ケイマンGT4
鮮やかなイエローボディのポルシェ718ケイマンGT4で箱根を攻める!

ポルシェ911好きを公言する国際モータージャーナリスト・清水和夫さん。今回は現行「ポルシェ718ケイマンGT4」で箱根のワインディングに繰り出した、お久しぶりの『頑固一徹 和』試乗です(※『頑固一徹 和』=発売直後の新型車に限らず、気になるクルマに清水和夫が辛口試乗)。

●スペックに興奮しすぎて車名間違えた~!

テスター清水和夫さん
合流はよく見てリズムよく!

ポルシェのボクスターGT4(←ケイマンです)! おぉ~マニュアルだよ!! NAエンジンだよ!!! なんだよコレ!!!!

タイムスリップした…じゃなく、やっぱりこいいうものは価値あるよね。

やっぱりフラット6のNAっていいなぁ。本当によどみなく、なめらか~に動くよね。さっきランボルギーニのV10に乗ってたんだけど、荒々しさof the Year!みたいなエンジン。ソレはソレでアドレナリンも出るんだけどね。

コクピット
右ハンドルのマニュアル、いいねぇ~。

ケイマンは、エンジンだけで言ったら高級車だね。420ps・400Nm。4Lのフラット6で、ポルシェGT3と同じエンジンか?と思われがちなんだけど、実は公式資料によると、992の3Lターボからターボを取り外して4Lに排気量を上げた…というのが、このエンジンの素性らしいです。

 

ブレーキ
宇宙一のストッピングパワーを誇るポルシェのブレーキ。

GT3のフラット6はもうちょっと別物のエンジン(※ポルシェ 911 GT3=4L・フラット6/3996cc/最高出力:500ps/8250rpm/最大トルク:460Nm/6000rpm)で9000rpmまで回る。

コッチは8000rpm止まりなので、同じエンジンって言うとGT3オーナーががっかりしちゃう? 実際、GT3エンジンのほうがもっと高度なハイチューンをしているんでしょうね。

このコーーーン!っていうのはポルシェNAエンジン、独特な音だよね。

●718ケイマンGT4と911の1番の違いはリヤサス

718ケイマンGT4nフロント
718ケイマンGT4は可愛い顔しています。

911と違うのはミッドシップということ。でも実は1番大きな違いは、リヤサスがマルチリンクかストラットか、というところ。

ケイマンとボクスターはミッドシップで、コスト面もあるのかと思いますが、リヤはずっとストラットできています。フラットな路面だとそんなに大きな違いはないんですが、ニュルブルクリンクなど200km/hでバンピーなところを走ると、やっぱり911のマルチリンクのほうがスタビリティ高い。

ボクスターやケイマンのストラットのほうが早くに限界が訪れるので、走っててヤバイかな!?という感じがしなくもないですね。

清水和夫さん
右足ストッパーがもどかしそうな清水和夫さん。「8000rpmまで回したい~!」

このエンジンはスポーツカーのエンジンというより、高級車のエンジンだね。同じフラット6のターボよりも穏やかにトルクが出てくるし、振動が無い。ターボは急激なトルクが低回転で出るから、ターボ特有のエンジン振動が出やすいんですね。

このクルマ、1000万円チョットなら欲しいかも! 右、MT、NA、MR、スポーツカー…ウワァ~全部揃っちゃってるよ!! ヤバい!!!

今、大体右ハンドルのマニュアルのスポーツカーってないからね。アルピーヌA110も2ペダルだし。な~んかつまんない時代になっちまったなぁ~…と思ったら、こういうNAのリアルスポーツのマニュアルが出てくるっていうところが、まだまだ捨てたもんじゃないね。

総合評価指数
総合評価指数は★★★★★!
評価軸
項目を新たにした評価軸(3項目)&評価ポイントは9、8、9点!

(試乗:清水 和夫/動画:StartYourEnginesX/アシスト:永光 やすの

⬛︎SPECIFICATIONS
車名:ポルシェ718ケイマンGT4
全長×全幅×全高:4455×1825×1270 mm
ホイールベース:2484mm
トレッド 前/後:1540/1535mm
車両重量:1450kg
エンジン:水平対向6気筒DOHC
排気量:3995cc
ボア×ストローク:102.0×81.5mm
最大パワー:309kW(420ps)/7600rpm
最大トルク:420Nm(42.9kgm)/5000〜6800rpm
トランスミッション:6速マニュアルミッション
駆動方式:後輪駆動(ミッドシップレイアウト)
サスペンション フロント/リヤ共 :マクファーソンストラット
ブレーキ フロント/リヤ:380×34mm径ベンチレーテッドディスク/380×30mm径ベンチレーテッドディスク
タイヤサイズ フロント/リヤ:245/35ZR20 95Y/295/30ZR20 101Y
0→100km/h加速:4.4秒
最高速:304km/h
車両本体価格(税込):12,930,000円

【清水 和夫 プロフィール】
1954年生まれ東京出身/武蔵工業大学電子通信工学科卒業

清水和夫プロフィール
この前ゴルフやったら、あとちょっとでホールインワン!になるところでした。保険入ってなかったからヨカッタ(汗)!

1972年のラリーデビュー以来、国内外の耐久レースに参加する一方、国際自動車ジャーナリストとして活動。自動車の運動理論・安全技術・環境技術などを中心に多方面のメディアで執筆し、TV番組のコメンテーターやシンポジウムのモデレーターとして多数の出演経験を持つ。

【頑固一徹試乗とは?】
国際モータージャーナリスト、清水和夫が斬る試乗インプレッション『頑固一徹テスト』。頑固一徹・清水和夫が独自の目線でチョイスした新型モデルを、パワートレーン、ライドコンフォート、ドライビングプレジャーの3分野で評価、採点し、その合計点によって10段階で評定します(※今回よりミッドシップスポーツの実力を評価するべく、評価項目を変更しました!)。

■頑固一徹 総合評価指数
3〜6点→★
7〜12 点→★★
13〜18点→★★★
19〜24点→★★★★
25〜30点→★★★★★

■頑固一徹テスト 試乗インプレッション評価軸(3項目)&評価ポイント
パワートレーン 10段階評価(1〜10点)
ライドコンフォート 10段階評価(1〜10点)
ドライビングプレジャー 10段階評価(1〜10点)