ルノー、F1復帰アロンソのため事前テストを実施へ。3つの選択肢を検討中

 ルノーF1チームは、2021年にF1に復帰するフェルナンド・アロンソのために、事前テストのプランを検討している。選択肢としては、フィルミングデー、2018年型マシンでの走行、最終戦後の合同テストへの参加が考えられる。

 F1規則ではテストに関して厳しく制限されており、公式テスト以外で最新マシンで走るには1年に2日間のフィルミングデーを使用するしかない。一方、2年以上前のマシンであれば自由に走行することができる。

 ルノーは、アブダビで行われるF1シーズン後の若手ドライバーテストにアロンソを参加させるための許可を申請しているが、FIAからの回答は保留中だ。そのため、彼に走行時間を与えるための代替案を検討している。

ルノーF1のファクトリーを訪問したフェルナンド・アロンソ
ルノーF1のファクトリーを訪問したフェルナンド・アロンソ

「ひとつ私が言えることは、彼は間違いなくステアリングを握りたがっているということだ。今後の展開を注視しよう」とルノーF1チームのマネージングディレクターを務めるシリル・アビテブールは、ロシアGPの金曜日に行われた記者会見で語った。

「現在、プログラムを作成しているところだ。競技規則の制限のなかでもいくつかチャンスがある」

「まだ行っていないフィルミングデーを活用することも考えられる。シーズン後テストがあることについてはすでに言及した。どういう形を採るのか、状況を見ていく」

「2年落ちのマシンを使用するプログラムも利用できる。その場合はだいたいどこの場所でも走らせることができる。彼がそこに参加することになるかもしれない」

「彼が走るところを再び目にすることになるだろう。だがそれがいつ、どこになるのか、正確なことはここでは言えない」

 ルノーはすでにエンストンに位置するルノーのファクトリーを訪問し、2021年に向けた準備を開始、シミュレーターでの作業も行っている。さらにビリーにあるエンジン部門のファクトリーにも立ち寄った。ここを訪れるのをアロンソは心待ちにしていたという。

「彼はビリーの変化に本当に感心していた」とアビテブールは語った。

「ビリーでは新たなPU(パワーユニット/エンジン)の開発に取り組み、新しいスタッフが加わり、エネルギー、意欲、決意が満ちている」

「我々にとってフェルナンドの姿を見ることは重要なことだった。彼の誇りと、目に宿る興奮を目にすることがね。彼は、エンストンの変化のすべてを目の当たりにしてきた者でもある」

「だが素晴らしい建物だからといってそれが今後を保証するわけではない。だから我々は懸命な努力をして、彼が求め、かつ彼にふさわしいマシンを確実に与えられるようにしなければならない」