ヒュンダイ、新型『エラントラ N TCR』ラウンチ。ついに4ドアサルーンの新モデルを投入へ

 ヒュンダイ・モータースポーツは、TCR規定ツーリングカーの成功作となったi30 N TCRと、北米を中心に展開するヴェロスターN TCRに続く第3のモデル『ヒュンダイ・エラントラ N TCR』を北京モーターショーで初公開。6月のシェイクダウン以降すでに5000km以上のテストマイレージを走破し、2020年末にはカスタマーに向けてデリバリーを開始するとアナウンスした。

 現在開催中の北京モーターショー2020で、ベースモデルとなる新型エラントラと同時公開された新TCR規定ツーリングカーは、これまでのハッチバックモデルと異なり4ドアのセダンボディを採用することとなった。

「ここまで3カ月に及ぶテスト期間と開発作業を経て、ついにこの新型エラントラ N TCRをお披露目することができてうれしく思う」と語るのは、先のWTCR世界ツーリングカー・カップ第2戦ニュルブルクリンクで“参戦回避”の判断を下し、物議を醸したヒュンダイ・モータースポーツのアンドレア・アダモ代表。

「中国のモーターショーでワールドプレミアを実施するのは、世界中のレースシリーズでヒュンダイ・モータースポーツが示してきたプレゼンスを周知するとともに、今後のより強力なグローバル・プランをアピールする場ともなる」と続けるアダモ代表。

「すべて白紙状態から設計開発に取り組んだこのエラントラ N TCRは、カスタマーレーシング部門の設計者とエンジニアが協力し、クルマの総合的な戦闘力をさらに向上させる機会をうまく活用することができたと思う。もちろん、これまで培ったi30 N TCRとヴェロスターN TCRの知識と経験も役立っている」

6月のシェイクダウン以降すでに5000km以上のテストマイレージを走破した新型『ヒュンダイ・エラントラ N TCR』
6月のシェイクダウン以降すでに5000km以上のテストマイレージを走破した新型『ヒュンダイ・エラントラ N TCR』
ベースモデルとなる新型エラントラと同時公開された新TCR規定ツーリングカー。そのラウンチの場には中国が選ばれた
ベースモデルとなる新型エラントラと同時公開された新TCR規定ツーリングカー。そのラウンチの場には中国が選ばれた

■開発ドライバーのタルキーニ「新型モデルといえど、開発は最初から順調そのもの」

 当然ながらTCR規定に準拠し、前輪駆動を採用する『ヒュンダイ・エラントラ N TCR』は、ベースモデルのファミリーから採用された新しい2L直列4気筒直噴ターボを搭載。ギヤボックスは先輩たちと同じく6速のパドルシフトを備える。

 スパイショットもリークされた6月のシェイクダウン以降、欧州各地で実施されたエラントラ N TCRのテストは順調に進捗しており、その大半でステアリングを握ったのは、i30 N TCRの開発ドライバーも務めたガブリエル・タルキーニだ。

「私はこのクルマのテストですでに多くのラップを重ねており、スプリント・バージョンとエンデュランス・バージョンの両方を走らせ、その仕様と方向性を見定めるプログラムを進めてきた」と語ったタルキーニ。

「ヒュンダイ・モータースポーツ・カスタマーレーシング部門が、ここまでに積み重ねてきたノウハウを存分に盛り込み、その経験がすぐさま反映されたことで素晴らしい感触で走り出せた。新型モデルといえど、その開発は最初から順調そのものだよ」

「以前のクルマに対しては、ステアリングシステムのわずかな改善などカスタマーやドライバーたちが歓迎する小さな変更が数多く採用されている。新型エラントラ N TCRはその見た目ではるかに大きく感じるかもしれないが、ステアリングを握ればその違いにほとんど気づくことはないほど高い運動性能を誇る」

「テストはまだ初期段階だし、ここからシャシー性能をさらに磨き上げ、カスタマーが素晴らしいレースを展開できる強力なパッケージを構築するべく、有効に時間を使っていきたいと思っている」

 数々のシリーズタイトルを獲得したi30 N TCRとヴェロスターN TCRの系譜を継ぐこの新型モデルは、今後も数カ月間にわたってテストが継続され、2020年末にも最初のシャシーがトップカスタマーに納品されるスケジュールとなっている。

「ステアリングを握ればハッチバックと相違ないほど高い運動性能を誇る」と自信を見せるガブリエル・タルキーニ
「ステアリングを握ればハッチバックと相違ないほど高い運動性能を誇る」と自信を見せるガブリエル・タルキーニ
今後も数カ月間にわたってテストが継続され、2020年末にも最初のシャシーがトップカスタマーに納品される
今後も数カ月間にわたってテストが継続され、2020年末にも最初のシャシーがトップカスタマーに納品される