ブリヂストン、全日本ロードと地方選手権のST600クラスに2023年までワンメイクタイヤの供給を継続

 9月30日、株式会社ブリヂストンは、日本モーターサイクルスポーツ協会(MFJ)が主催する全日本ロードレース選手権と地方選手権のST600クラスで使用されるワンメイクタイヤの供給を2023年シーズンまで継続することを発表した。

 全日本ロードレース選手権は、国内最高峰となるオートバイのロードレースシリーズで、現在はJSB1000クラス、ST1000クラス、ST600クラス、J-GP3クラスの4クラスのレースが開催されている。

 そのなかのST600クラスは、主に600ccの市販用バイクをベースとし、改造範囲が制限されていることから公道を走行する状態に近いマシンで競われることが特徴だ。また、タイヤがワンメイク制となった2015年からブリヂストンのモーターサイクル用タイヤブランドである『BATTLAX』が指定タイヤに選定されている。

 そして今回、ブリヂストンは2021年から2023年シーズンまでST600クラスのワンメイクタイヤ供給を継続することを発表した。対象のレースは全日本ロードST600、地方選手権ST600、鈴鹿4耐であり、指定タイヤはドライ用タイヤがBATTLAX RACING R11 NHS(フロント:120/600R17、リヤ:180/640R17)、ウエット用タイヤがRACING BATTLAX W01(フロント120/600R17、リヤ:190/650R17)となる。

 MFJ会長を務める鈴木哲夫氏は「MFJは、2015年からレースのイコールコンディションと参加者のタイヤ購入コスト削減を主な目的に“ワンメイクタイヤ制度」”を導入いたしました。世界の主なカテゴリーで取り入れられていますワンメイクタイヤ制度は、日本での本格的な施行から6年を迎え、同制度を適用するクラスも増え定着いたしました」とコメントした。

「ST600クラスは、株式会社ブリヂストン様にご協力いただき、最適な性能と信頼性の高いタイヤを供給いただき、ロードレースの普及振興に多大なる貢献をいただいております。2021年からの3年間もST600オフィシャルタイヤサプライヤーとして契約いただくことを大変喜ばしく思います」

 ブリヂストンのモータースポーツ推進部長である堀尾直孝氏は以下のように語る。

「ブリヂストンは将来のロードレース界を担う若手ライダーや世界を目指すライダー、そして経験豊富なベテランライダーが切磋琢磨しながら競い合うST600クラスのオフィシャルタイヤサプライヤーとして2015年よりサポートしてまいりました」

「これからも高性能タイヤの開発を続け、安全で信頼いただける高品質のタイヤを供給することで多才なライダーが参戦するST600クラス、そして日本ロードレース界の発展に貢献していきます」