「ブレずに、走りきった」松下信治の6年間と新たな決意。欧州で戦ってきた間、ずっと“真ん中”にあったもの

 F2参戦中だった松下信治が9月末のロシア・ソチでのレース直前に、チームからの突然の離脱を明らかにした。松下は今季、長年サポートを受けてきたホンダからの国内レース復帰の誘いを断ってまで、F2参戦継続にこだわってきた。スーパーライセンスを獲得し、F1ドライバーになるという自らの夢を実現するためだ。

 これまでほとんど優勝実績のないMPモータースポーツからの再出発だったが、有力チームからエンジニアも加入し、松下には勝算があった。しかし18インチタイヤへの適応に予想以上に手間取り、本来の速さがまったく発揮できない。それでも第6戦スペインのレース1で18番グリッドから劇的な優勝を果たす。

 続くスパ・フランコルシャンでも今季最高位の3番グリッドを獲得し、確実に復調しつつあった。ところが第9戦ムジェロを終えた直後に、突然の離脱表明。いったい松下信治に何が起きたのか。そして今後、どうするつもりなのだろう。

 まず、離脱の理由である。松下とは帰国直前に電話で長く話し、F2活動を途中でやめざるを得なくなった理由についても、ある程度は語ってくれた。しかし本人は「チームに迷惑がかかるから」と、それ以上の明言は避けた。なのでここからは、筆者の推測を含めた記述として、読んでいただきたい。

  ※  ※  ※  ※  ※  ※  ※  ※  ※  ※  ※  ※  ※  ※  ※  

 あれほどF2の継続を望んでいた松下が、自分からやめるとは考えにくい。松下は第7戦スパのレース1でクラッシュを喫し、マシンを全損させた。しかもリヤからタイヤバリアに激突し、エンジンも大きなダメージを負った。

 チームとの契約にもよるが、F2の場合修理代は基本的にドライバー負担だ。車体の損傷に関しては少なからず保険がきくが、それでもいまの松下に弁済能力はなく、チームとの交渉のなか、最終的には資金の問題で今回の決断にいたったであろうことは容易に想像できる。

 では日本に帰ってから、どうするのか。今季途中からの国内レースへの参戦は、「いまのところ未定です」としつつも、可能性は低そうだった。ただし「フォーミュラのレースには、こだわりたい」と言う。来季はスーパーフォーミュラも視野に入れて、国内で挑戦する可能性も考えられる。

 とはいえ、松下は「レース活動は国内に限定するつもりはない」とも言う。松下がそう語るとき、ル・マンで活躍する小林可夢偉や中嶋一貴、そして40歳を過ぎても第一線で戦い、インディ500を二度制覇した佐藤琢磨の存在を意識していることは間違いない。

■小林可夢偉も評価した松下の誇れる行動

 折しも可夢偉からは、離脱に言及した松下のツイートに対し、「挑戦し続け、どんな困難なことにもひとりで立ち向かった彼の強い気持ちは、たくさんの人に勇気を与えた」というメッセージが届いた。可夢偉がこれを送ったのは、トラブルでル・マンでの優勝を逃した失意のさなかだったはずだ。

「スペインで勝ったときも『おめでとう』って言ってくれて、ああ、見ていてくれてるんだとすごくうれしかったです。そして今回は、結果ではなくいままでの行動を評価してくれた」

 可夢偉自身、悔しい形でF1を去っている。

「最後は自分で資金集めしたりしていましたしね。ただ僕との違いは、しっかりF1に行って、表彰台に上がっていることです。全然レベルが違う」

 松下にも、スーパーライセンスを獲れるだけの実力は充分にあったと思う。とくにスタートでの反応の速さ、タイヤマネジメントとブレーキングの巧さは、F2のなかでも群を抜いていた。けれどもそんな長所が、なかなか結果に結びつかない。今年の18インチタイヤへのてこずり方を見ても、決して何でも器用にこなすドライバーではない。

 しかし、ときにとんでもない勝ち方を見せてくれる。スペインでの17台抜きもそうだったし、2019年のオーストリアレース1での初優勝でも堂々たるオーバーテイクを披露した。アントワーヌ・ユベールが事故死した次戦モンツァで勝ったときには、ホンダドライバーであるにもかかわらず、表彰台でただひとりルノーのキャップを被って追悼の意を表す男気も見せてくれた。

 2015年、松下はほとんど英語も話せない状態でヨーロッパに送り込まれた。最初に住んだパリのアパートが僕の当時の自宅から近かったこともあって、何度も飯を食ったり、一緒にパリ市内を走ったりした。松下はそれからすぐに海外でのひとり暮らしにも、欧州流のレースにも適応していった。

 しかしGP2、F2での3年間で結果が出せず、2017年末に日本に帰ることになった。普通ならそこで気持ちを切り替え、国内でレースキャリアを積むことに専念するものだが、松下は往生際が悪いというか、F2をどうしてもあきらめきれない。

 ホンダに頼んでパスを発給してもらい、翌年のベルギーGPに自費でやってきた。F1やF2関係者にアポなしで会うためだ。パドックでいろんな人にかたっぱしから、必死に話しかける松下の姿を見て、呆れると同時にうれしくも思った。

 そしてレース活動費のほぼ全額を個人スポンサーで賄い、松下はF2に戻ってきた。今回改めて、2015年からのヨーロッパでの挑戦について訊いてみた。一番得たものは、何だったのかと。すると松下は、「得たものというか、むしろよかったと思ったことですけど」と前置きし、こんなふうに語り始めた。

「この6年間自分の思いやモチベーションが、まったくブレなかったことですね。ブレずに、走りきった。そのなかには挫折もあったし、苦しい時期もありました。普通なら日本に戻されれば、再挑戦の可能性はない。その意味で自分の行動は、すごく誇れるものだなと思います。罵倒されたりとか、悔しい思いもしてきましたけど、そういうのは自分の真ん中には届かない。自分の真ん中には、ちゃんとしたものがいつもありましたから」

 そして最後に、こう締めてくれた。

「F1に乗れる可能性だって、まだ捨ててないです。いろんなチャンスをものにしたいし、これからもF1をあきらめないと言い続けます。F1に限らず、世界を代表するドライバーになりたいですね」

 大丈夫。ノブなら、これからもやれるよ。