堀場製作所:RDE規制に対応した、自動車の開発効率向上に貢献する「RDE+」を本格展開

堀場製作所は、路上走行時の排ガスを測定するRDE(Real Driving Emissions)規制に対応する新アプリケーション「RDE+(プラス)」を9月28日より国内向けに本格展開すると発表した。

RDE規制は世界的な環境規制強化を背景に2017年にヨーロッパで施行され、今後も各国で導入拡大が見込まれている。複雑な試験要件が課されており、自動車業界における開発期間の長期化および開発コストの増加が課題となっている。

「RDE+」は、当社独自の計測アルゴリズムである「トルクマッチング法」と、当社の計測機器・ソフトウェアを最適に組み合わせ、車両の路上走行試験を試験室内で高精度に再現する。今後は、車両開発の初期設計段階から仮想環境で走行試験を行うアプリケーションの展開も予定している。これによって開発コストの低減および開発効率の向上に貢献する。

新アプリケーションの特長 独自の計測アルゴリズムにより、試験室内で高精度に路上走行を再現

路上走行を再現するシャシダイナモメーター、自動運転システム、車載型排ガス測定装置などを、データマネジメントシステムで統合管理することで、路上走行試験を試験室内で高精度に再現する。従来の手法は、路上走行における勾配や風向き、路面状況といったさまざまな要素を再現するため、手間、時間、コストがかかっていた。トルクマッチング法(特許出願済み)は、これらの複雑な環境条件を省き、車速とアクセルペダル開度に着目することで、高精度に路上走行試験を再現することができる。また、エンジン単体での路上走行試験の再現も可能だ。

今後は、車両開発の初期設計段階から仮想環境で路上走行試験を行うモデルベース開発を支援するアプリケーションも展開し、さらなる開発フロントローディングに貢献する。

また、フロスト&サリバンが実施した調査によると、「RDE+」の全アプリケーションを導入することで、試作車両製作コストの低減(最大75%)などに貢献し、新車開発プロジェクトあたり最大18億円のコスト削減の可能性が試算されている。

路上走行データを分析する様子

RDE+イメージ図

RDE+イメージ図

RDE+イメージ図