ノリス「デブリで少しダメージを負って乗りづらくなり、フィニッシュまで苦戦」:マクラーレン F1第10戦決勝

 2020年F1第10戦ロシアGPの決勝レースが行われ、マクラーレンのランド・ノリスは15位、カルロス・サインツJr.は1周目にウォールにヒットしたことによりリタイアに終わった。

■マクラーレンF1チーム
ランド・ノリス 決勝=15位
 ありえないほどタフなレースだった。スタートはまずまずで、文句なしではないものの悪くもなかった。右側の列からのスタートは難しかったんだ。そこからターン2までは良かったけど、何人かがリスクを冒して飛び込んできたので、こっちは引かざるをえない状況に陥った。そういう連中が結局はコースオフするものだから、それを避けるのもひと苦労だったよ。

 さらに眼の前でカルロス(・サインツJr)のアクシデントがあり、それを回避する必要にも迫られた。どうやら、そのときのデブリで僕のクルマも少しダメージを負ったようで、ひどく乗りづらくなってレースのフィニッシュまで苦戦した。ペースは悪くなかったけど、1周目の終わりにピットに入って履き替えたハードタイヤでは、さすがにちょっと厳しかった。

 次に向けて改善を要するのは、このコースでレース中にクルマがトリッキーになって乗りづらかったことだ。ドイツでもまたトライするよ。

カルロス・サインツJr. 決勝=リタイア
 まずはじめに、チームのみんなに謝りたい。路面がダーティーな側のグリッドでいいスタートを決めるのは難しくて、ターン2までに他のクルマに取り囲まれてしまった。僕は深く突っ込みすぎてコース上にとどまることができず、ソーセージカーブ(縁石)を乗り越え、ボラードを回り込んで復帰しようとした。ペナルティを受けないようにするためだ。

 一瞬の決断だったし、進路がかなりタイトだったこともあって、無理な速度でボラードを通過しようとした結果、ああいうことになった。衝撃はすごく大きかったけど、僕は大丈夫。チームをガッカリさせたことが心苦しいだけだ。

 あの場面のリプレイを見てみると、他にも多くのクルマがターン2でコースアウトしながら、そのまま復帰してペナルティを受けずに済んでいる。僕も彼らと同じようにすれば良かったのかもしれない。まあ、起きてしまったことは仕方がない。リセットしてドイツで挽回するよ。

カルロス・サインツJr.(マクラーレン)
2020年F1第10戦ロシアGP 1周目、バリアにヒットしたカルロス・サインツJr.(マクラーレン)のマシン