ストロール「ルクレールがペナルティを受けなかったなんて信じられない」:レーシングポイント F1第10戦決勝

 2020年F1第10戦ロシアGPの決勝レースが行われ、レーシングポイントのランス・ストロールは、1周目にターン4の出口でシャルル・ルクレール(フェラーリ)と接触してコース上でストップし、リタイアでレースを終えた。

■BWTレーシングポイントF1チーム
ランス・ストロール 決勝=リタイア
 とてもいいスタートを切って、接触が起きた時点では7番手に浮上していた。トップ10圏外からのスタートでタイヤを自由に選べたから、いいレースをして大量にポイントを持ち帰るのは十分に可能な位置にいたんだ。

 だが、悲しいことに、そういう結果にはならなかった。1周目に右後輪を(シャルル・)ルクレールにヒットされてね。彼がペナルティを受けなかったなんて、信じられない。スペースはたっぷり残していたし、彼が立ち上がりでアウト側に寄ってこなければ接触は避けられたはずだ。僕はコースの端ギリギリのところにいて、もうできることは何もなかった。ひとつの不注意な行動で、好成績のチャンスを台無しにされてガッカリだよ。

 だが、済んだことは仕方がない。次のドイツでいい戦いができるように、気持ちを切り替えるよ。

ランス・ストロール(レーシングポイント)
2020年F1第10戦ロシアGP ランス・ストロール(レーシングポイント)