ペレス「4位に満足。マシンの能力をすべて出し切った」レーシングポイント【F1第10戦決勝】

 2020年F1ロシアGP決勝で、レーシングポイントのセルジオ・ペレスは4位だった。

■BWTレーシングポイントF1チーム
セルジオ・ペレス 決勝=4位
 中盤からはずっと孤独なレースだった! 今日はこのクルマの能力をすべて出しきった。4位は僕らに可能なベストリザルトだったから、本当に満足している。

 最初のスティントがポイントだったのは間違いない。ダーティーサイド(路面が汚れている側の列)のグリッドからのスタートが難しいのはわかっていたが、いきなりルノー勢に抜かれて、ポジションを2つ落としたのにはまいった。ペースは彼らとほぼ同じだったと思うから、最初のスティントでタイヤをうまく温存しつつ、彼らの前に出られたことが大きかった。戦略を生かして、いい仕事ができたと思う。

 これで気分良く次のレースに臨めるよ。まもなくアップグレードが手に入るから、これからのレースでさらに好成績を目指したい。今年は競争力のあるクルマに乗れて、ドライビングを心から楽しんでいる。

セルジオ・ペレス(レーシングポイント)
2020年F1第10戦ロシアGP セルジオ・ペレス(レーシングポイント)