中上「終盤は同じグループのだれよりも力強いペースがありました」/MotoGP第9戦カタルーニャGP決勝

 3連戦の締めくくりとなるMotoGP第9戦カタルニアGPは、予選11番手から決勝に挑んだ中上貴晶(LCRホンダ・イデミツ)が7位でチェッカーを受けた。

 決勝日の気温17度、7月にシーズンが再開してから最も気温が低いレースとなった。フリー走行、予選を終えた時点で中上は、フロントにミディアムタイヤ、リヤにソフトタイヤを選択する予定だったが、フロントにソフトを装着して朝のウォームアップを走行に臨んだところ、1分40秒台のラップタイムをマークして2番手に。

 決勝レースも、朝のウォームアップと比べて2度しか上がらない気温だったため、前後にソフトを選択して決勝に挑んだ。

 オープニングラップはグリッドから変わらず11番手で通過するも、3周目にミゲール・オリベイラ(レッドブルKTMテック3)にかわされ12番手に後退。5台前後にふくらんだ12番手争いの先頭に立った。

 その後、中盤になると1分41秒台から40秒台へとペースを上げて徐々にポジションアップ。終盤は、フランセスコ・バニャイア(プラマック・レーシング)、ダニロ・ペトルッチ(ドゥカティ・チーム)と6位争いのグループを形成。3人の激しいバトルで自然とペースも上がり、5番手を走るジャック・ミラー(プラマック・レーシング)との差を縮め、さらにトップグループからペースを落として4番手を走るフランコ・モルビデリ(ペトロナス・ヤマハSRT)にも接近していった。

 最終的に、ペトルッチをかわして7位でチェッカー、終盤は4番手モルビデリ、5番手ミラーに迫る走りを見せていた。

 イタリアのミサノで行われた2連戦、そしてカタルニアと続いた3連戦は、予選でいいグリッドを獲得できなかったことが課題に。次戦フランスGPは、好グリッドから念願の初表彰台獲得に挑む。

■LCRホンダ・イデミツ
中上貴晶 決勝:7位

「ウォームアップも決勝も、路面温度がとても低く、タイヤを温めるのがとても大変だったので、少し難しいレースになりました。フロントとリヤにソフトを使いました。レース序盤のペースがあまりよくなかったので、いくつかポジションも落としてしまいましたが、そのあと安定して走行できるようになりました」

「徐々に前のライダーとのギャップを縮めていき、何人かパスして、レース後半にはトップ10に入り、さらに7番手まで追い上げました。終盤は同じグループのだれよりも力強いペースがありました。表彰台も見えてきましたが、それ以上オーバーテイクすることができず、7位でフィニッシュしました。しかし、再びトップ10フィニッシュすることができました。いい結果です。トップとはわずか3.6秒差。とても近かったですし、ポジティブなことです。次のル・マンが楽しみです。プッシュし続けます」

2020年MotoGP第9戦カタルーニャGP 中上貴晶(LCRホンダ・イデミツ)
2020年MotoGP第9戦カタルーニャGP 中上貴晶(LCRホンダ・イデミツ)

2020年MotoGP第9戦カタルーニャGP 中上貴晶(LCRホンダ・イデミツ)
2020年MotoGP第9戦カタルーニャGP 中上貴晶(LCRホンダ・イデミツ)
2020年MotoGP第9戦カタルーニャGP 中上貴晶(LCRホンダ・イデミツ)
2020年MotoGP第9戦カタルーニャGP 中上貴晶(LCRホンダ・イデミツ)
2020年MotoGP第9戦カタルーニャGP 中上貴晶(LCRホンダ・イデミツ)
2020年MotoGP第9戦カタルーニャGP 中上貴晶(LCRホンダ・イデミツ)
2020年MotoGP第9戦カタルーニャGP 中上貴晶(LCRホンダ・イデミツ)
2020年MotoGP第9戦カタルーニャGP 中上貴晶(LCRホンダ・イデミツ)