トヨタからスズキへのOEM第2弾・新型「スウェイス(Swace)」 誕生。今冬発売へ

■カローラツーリングスポーツ(欧州仕様)がベース

スズキは2019年3月にトヨタ自動車と結んだ資本提携に基づき、欧州で2021年に導入が予定されている厳格なCO2規制クリアに向け、HVやPHVを豊富に持つトヨタから電動車のOEM(相手先ブランド製造)供給を受ける方向で動いており、本年7月1日には第1弾としてRAV4 PHVをベースにしたOEMモデル「アクロス(ACROSS)」を発表。

欧州市場を軸に3,600台/年規模での販売を予定しており、今秋の発売を目標に生産準備を進めています。

スズキ「スウェイス」(上)とスズキ「アクロス」(下)

そして同社は今回、その第2弾としてカローラツーリングスポーツ(欧州仕様)をベースにしたOEMモデル「スウェイス(SWACE)」を今冬から欧州で発売すると発表しました。車両サイズは全長4,655mm×全幅1,790mm×全高1,460mm、ホイールベース2,700mmで、1.8Lエンジンを搭載したFF仕様のハイブリッド専用モデルとなっています。

トヨタ「カローラツーリングスポーツ(欧州仕様」(上)とトヨタ「RAV4 PHV」(下)

カローラツーリングスポーツとの相違点は主にフロントマスクで、スズキのエンブレムに加え、「アクロス」と同様にフロントバンパーの開口部が専用意匠の6角形になっているのが大きな特徴。ボディカラーはホワイトパールクリスタルシャイン、スーパーホワイト、プレシャスシルバー、ブラックマイカ、ダークブルーマイカ、ファントムブラウンM、オキサイドブロンズMの7色が用意されています。

スズキ「スウェイス」のパワートレーン

サスペンションはカローラツーリングスポーツに準じてフロントがマクファーソンストラット式、リヤがダブルウィッシュボーン式で、トランスミッションはCVT。0-100km/h加速11.1秒、最高速180km/hの性能を発揮。欧州市場で重視されるCO2排出量は78g/km(NEDC:新欧州サイクル)に抑制。

運転状況に合わせて「NORMAL」「ECO」「SPORT」の3モードから選択可能で、S-IPA(駐車支援)、PCS(自動ブレーキ)、LTA(ステアリング操作支援)、RSA(道路標識表示)、DRCC(ダイナミックレーダークルーズコントロール)、BSM(ブラインドスポットモニター)、RCTA(後部横断交通警報)、eCall、ブレーキホールドなどの安全機能を備えています。

販売価格についても、カローラツーリングスポーツに準じて344万円前後からになる予想。

一方のトヨタはスズキから「BALENO(バレーノ)」のOEM供給を受けており、同車の意匠を若干変更した上で昨年6月からインド市場で「グランツァ(GLANZA)」として販売。南ア市場でも先頃「スターレット(STARLET)」のネーミングで販売を開始しました。

このように、トヨタ・スズキ両社は今後もOEMで補完し合うことにより、欧州市場やアジア/アフリカ市場における販売強化を目指すものと思われます。

Avanti Yasunori・画像:TOYOTA/SUZUKI)