アルボン10位「降格ペナルティで苦労し1点獲得するのが精一杯だった」レッドブル・ホンダ【F1第10戦決勝】

 2020年F1ロシアGP決勝で、レッドブル・ホンダのアレクサンダー・アルボンは10位だった。

 アルボンは予選10番手だったものの、ギヤボックス交換によるペナルティで降格され、15番グリッドからソフトタイヤでスタートした。1周目にカルロス・サインツJr.(マクラーレン)、ランス・ストロール(レーシングポイント)がそれぞれクラッシュしたことでセーフティカーが出動、その間にアルボンはピットストップし、ハードタイヤに交換、17番手でコースに戻った。一時最後尾18番手に落ちるが、オーバーテイクおよび他車のピットストップにより20周目には11番手に浮上、27周目にミディアムタイヤに交換し、16番手から再びポジションを上げていき、最終的に10位入賞を果たした。

 アルボンはレース終盤、ターン2でコースを外れた際に指定どおりのコース復帰の仕方をしなかったとして、5秒のタイムペナルティを受けたが、順位には影響しなかった。ペナルティポイントは1ポイント加算され、合計5ポイントとなった。

2020年F1第10戦ロシアGP アレクサンダー・アルボン(レッドブル・ホンダ)とランド・ノリス(マクラーレン)のバトル
2020年F1第10戦ロシアGP アレクサンダー・アルボン(レッドブル・ホンダ)とランド・ノリス(マクラーレン)のバトル

■アストンマーティン・レッドブル・レーシング
アレクサンダー・アルボン 決勝=10位
 今日は1ポイントをつかむためにとても苦労した。楽なレースではなかったよ。

 序盤、ハードタイヤを履いていたために、オーバーテイクをしてポジションを上げていくのが難しくて、かなり時間を失った。ミディアムに換えた後は、多少よくなったけどね。やれるだけのことをやったが、それでも苦労したし、フラストレーションがたまった。常にトラフィックのなかにいて、前があいた状態ではなかったために、思うようなラップタイムで走ることができなかったんだ。

 ギヤボックス交換によるペナルティを受けたことで、今日はダメージを最小限にとどめることを目標にするしかなかった。気持ちはすでに次のドイツに向いている。2週間後の次戦にはもっとスムーズな週末を送りたい。