「20万円で200馬力アップはヤバすぎ!」現行スカイラインのGTグレードで400Rを超えろ

400Rと同等以上のパフォーマンを狙えるGTグレード

20万円で約200馬力アップはコスパが高すぎる!

2019年7月にビッグマイナーチェンジを果たしたV37型スカイライン。心臓部には新たにGT-Rの系譜とも言えるVR30DDTTが与えられ、トップグレードの400Rは歴代最強の405馬力を手に入れた。

当然ながらチューニング業界がこの素材を見逃すわけもなく、多くのメーカー&ショップがデモカーとして導入。以来、VR30DDTTの潜在能力を引き出すべく研究を続けているという状況だ。

400Rチューニングが盛り上がりを見せる中、名門“フェニックスパワー”は「素のGTグレードも400Rもエンジンは同一。ならば…」という仮説を立て、400Rと並行させる形でベースグレードのECU解析にも乗り出した。

そしてトライ&エラーの末に、なんとECUチューンのみで、純正の320ps(実測値)から200馬力アップとなる528.96ps/77.49kgmを記録してしまったのである。この上がり幅は400Rと同等。横山代表の読みは見事に当たったというわけだ。

日産の技術解説によると、400Rはタービンハウジングが耐熱性能に優れた素材とされている他、タービン回転数センサーによる緻密なモニタリングと制御を行なっているとのこと。そしてノーマルの設定ブースト圧は、400Rが約1.0キロであるのに対し、GTは0.7キロ。これが直接の出力差というわけだ。

「出力面において、タービンの差は無いように思います。これまで数台のセッティングを行ってきて、方向性はしっかり見えました。ただ、高回転域で400Rよりもノッキングが出やすい傾向にあるので、点火時期のセッティングには気を使いますね」とは、フェニックスパワー代表の横山さん。

400Rの販売価格は562万5400円だ。対するGTグレードは435万3800円で、その差は約120万円ということになる。そう、あえてGTグレードを購入し、その差額分をチューニングに当てれば、400R以上のパフォーマンスを持つスーパーセダンが簡単に作れてしまうのである。

なお、このチューンドCP(製品名アプリケーションCPU:20万円)は、購入後も無料アップデートが可能だ。そう、常に最新&最高の状態でブーストアップ仕様を満喫できるのである。400Rに負けないスカイラインGTを作りたいオーナーは、問い合わせてみてはいかがだろうか。

●取材協力:フェニックスパワー 福井店:福井県坂井市丸岡町朝陽2-317 TEL:0776-67-2980/京都店:京都府久世郡久御山町佐古外屋敷37-2 TEL:0774-48-1157