天然繊維パーツを多用した「ポルシェ 718 ケイマン GT4 クラブスポーツ MR」、ニュル24時間でデビュー!

Porsche 718 Cayman GT4 Clubsport MR

ポルシェ 718 ケイマン GT4 クラブスポーツ MR

天然繊維コンポジットの使用をさらに拡大

ポルシェが今年のニュルブルクリンク24時間レースに投入した「718 ケイマン GT4 クラブスポーツ MR」は、ポルシェが手掛けたレーシングカーとしては初めてリサイクル可能な天然繊維コンポジット製ボディキットを採用している。

2019年から開発がスタートした、この718 ケイマン GT4 クラブスポーツ MRは、左右ドアとリヤウイングに、農業副産物から供給される有機繊維の混合物を主体とした再生可能素材を採用。さらに、今回から前後エプロン、前後パンパー、フロントスポイラー、ボンネット、エンジンカバー、空力フィンを含むマッドガードとディフューザーも、再生可能素材で作られている。

天然繊維を使用したポルシェ 718 ケイマン GT4 クラブスポーツ MR

カーボンよりも安価かつ少ないエネルギーで製造可能

718の市販仕様では金属パーツやプラスチックが採用されているが、レース仕様では代わりにサステナブル(持続・再生可能)な素材を活用。リサイクル可能な天然繊維コンポジットパーツは、カーボンファイバー・コンポジット(CFRP)と同様の特性を持ち、同じ高い安全性と品質基準を満たしている。さらに従来のカーボンファイバー製パーツよりも安価で、より少ないエネルギーで製造することが可能だ。

素材のために育てられた「亜麻(flax)」は食用作物と競合することもなく、持続可能な天然繊維コンポジットパーツの基礎となる。この素材は、ポルシェ、ドイツ連邦食糧農業省(BMEL)、フラウンホーファー研究機構、スイスの素材企業・Bcomp社による共同開発により製造。研究開発は2016年からスタートした。

開発中のポルシェ 718 ケイマン GT4 クラブスポーツ MR

ドアやウイング以外のパーツも天然素材に

ドアパーツは、軽量のバルサ材が複合材のコアとして使用された。このサンドイッチ構造は、カーボンファイバー製パーツの製造に使用される「レジン・トランスファー・モールディング(RTM)」工法により製造。一方、リヤウイングは天然繊維コンポジットにエポキシ樹脂を含浸させた後、オートクレーブで焼成している。

今回新たに追加された天然繊維強化プラスチック製コンポーネントは、真空注入工法を用いて製造。これはBcomp社独自のパワーリブ技術を使うことで、レーシングカーに求められる剛性レベルを満たしている。様々な厚さと繊維の方向性を持つ素材を使用することで、目的や荷重レベルに合わせてパーツの強度を正確に調整することが可能となっている。

天然繊維コンポジット素材は車両の基幹構造ではなく、部分的に装着されるパーツへの使用に適しているとポルシェは語る。そしてアクシデントに見舞われた場合は、通常のカーボンファイバーよりも尖っていない大型の破片に分裂するという。

天然繊維を使用したポルシェ 718 ケイマン GT4 クラブスポーツ MR

ニュル24時間での結果を受けてボディパーツの販売もスタート

9月24~27日に行なわれたニュルブルクリンク24時間レースには、チーム・フォー・モータースポーツと、プロジェクト1モータースポーツのジョイントチームが1台の718 ケイマン GT4 クラブスポーツ MRを投入。これまでにないレベルで天然素材を使用したレーシングカーが、初めて実戦を経験した。

天然繊維コンポジット製ボディキットを装着し、最高出力313kW(425ps)を発揮する3.8リッター水平対抗6気筒エンジンを搭載した718ケイマンGT4 MRは、スタートナンバー「420」を付けてニュルブルクリンク24時間レースにエントリー。ドライバーは、マティアス・ベックベルメルト、ヘンリック・ボラーシュレフ、ニコラ・ブラベッティ、マルコ・ティンバルの4名が務める。

現時点で、この車両はSRO(ステファン・ラテル・オーガニゼーション)が主催レース参戦のためのホモロゲーションを取得していない。今回のニュルブルクリンクにおける参戦テストが上手く進めば、マンタイ・レーシング(Manthey-Racing)からボディキットが発売される予定だ。