クビアト「赤旗がなければQ3に進めた。決勝ではチャンスを逃さず戦う」アルファタウリ・ホンダ【F1第10戦予選】

 2020年F1ロシアGPの土曜予選で、スクーデリア・アルファタウリ・ホンダのダニール・クビアトは12番手だった。

 FP3では1分34秒768で9番手、予選Q1を1分33秒511の3番手で通過した。Q2では、セバスチャン・ベッテル(フェラーリ)のクラッシュにより赤旗中断となり、再開後の残り約2分にタイムを伸ばせず、トップ10から0.053秒差の1分33秒249で敗退した。

2020年F1第10戦ロシアGP ダニール・クビアト(アルファタウリ・ホンダ)と父親のヴャチェスラフさん
2020年F1第10戦ロシアGP ダニール・クビアト(アルファタウリ・ホンダ)と父親のヴャチェスラフさん

■スクーデリア・アルファタウリ・ホンダ
ダニール・クビアト 予選=12番手
 予選ではいい走りができたし、この結果には満足している。決勝で戦えるポジションだからね。レースではたくさんのチャンスがあり、面白い展開になると思っている。

 ただ、Q2で赤旗が出てしまったことは、本当についてなかった。赤旗中断がなければ、Q3に進むことができただろう。今日はマシンの感触がよかったんだけどね。プラクティスで見る限りレースペースはかなりよさそうだったから、チャンスを最大に活用して、ポイントを獲得するために戦っていく。