「あれ?改造から足を洗うつもりでアリストを買ったはずなのに・・・」ゼロヨンでの敗北を機に700馬力までフルチューン化!?

700馬力オーバーのオートマ仕様で勝負

ストリートで火がついた負けず嫌いの熱血野郎!

フロントバンパーから覗く巨大なインタークーラーと、リヤに履いたフージャーのドラッグタイヤが只者ではないオーラを漂わせるJZS161アリスト。オーナーが、パワーチューンを得意とするショップ“ガレージ八幡”と二人三脚で仕上げたゼロヨン仕様だ。

 

 

オーナーはガレージ八幡の常連で、これまでに歴代スープラを乗り継ぎ、JZA80ではニットータイヤで9秒912を記録したこともある腕の持ち主。チューニングから足を洗うつもりでJZS161アリストを購入したそうだが、何気なく参加した某有名ストリートゼロヨン大会でまさかの連敗。そこで走り屋魂が再燃し、わずか一年余りでこの状態まで進化させたそうな。

新たに製作した2JZエンジンは、東名パワードの鍛造ピストンとH断面コンロッドを組み込んだ3.1Lスペックだ。そこにHKSのVカムとウエストゲート式のTO4Zタービンをセット。パープルのカールファンネルがドラッグ仕様を物語る。ちなみに、タービン交換直後に出場したドラッグ大会では11秒8を記録している。

さらに、スロットルをJZX100の機械式に変更した上で、全域でのドーピングを狙ってウエットショット式のNOSをツインで追加。ブースト2.2キロ時に700psを超える出力を手にしている。制御はF-CON Vプロだ。

700psオーバーを発揮しながらも、ミッションはATのままというのもこのチューンドのポイント。おそらく日本ではこの1台だけではないかというアメリカ製のトルクコンバーターを導入し、そこにシュベーレンの強化ATを組み合わせて高出力に対応させている。

また、不要なシートや内装パーツは撤去して軽量化も推進。タイムアップを狙って、アクリルウインドウ化も予定しているそうだ。

トランク内にはNOSボンベを4連でマウント。その脇に確認できる物体は、純正の電子制御スロットル。何かと制御が厄介なJZS161で、お手軽に、かつ不具合なく機械式スロットル化するためにガレージ八幡が編み出した策なのだが、トランク内でウインウインとスロットルバルブが動く光景は非常にシュールだ。

足回りはトムスのアドヴォクス車高調でセットアップ。ホイールはリーガマスター、タイヤはフロントがアドバンネオバ(235/40-17)でリヤがフージャーのドラッグラジアル(315/35-17)だ。

エクステリアはヴェイルサイドのクーリングボンネットを組み込み、フェンダーはワンオフでブリスター化。さらにヘッドライトはガトリング仕様にドレスアップし、リヤもワンテールへとリメイク。とてもドラッグ仕様とは思えない、非常にスマートなルックスで仕上げられている。

何より驚かされるのは、このアリストは普段の足にも使っているということ。「仕事柄、このクルマで名古屋の繁華街にもよく行くし、そのままドラッグ大会に出ることもあるよ。だからNOSのタンクは積みっぱなしだし、フージャーも履きっぱなしだね」とはオーナー。根っからの走り屋というわけだ。

●取材協力:ガレージ八幡 愛知県半田市上浜町10-20 TEL:0569-26-1660