飲酒運転とは?自転車や原付での処罰、酒気帯びと酒酔い運転の違い、海外では?

■飲酒運転の危険性と飲んだ翌朝の注意点とは?

新型コロナ禍対策の自粛要請が徐々に緩和され、お酒を飲む機会も少しずつ増えて来た昨今ですが、逆にこんな時こそ気をつけたいのが「飲酒運転」。捕まれば重い罰則が待っているだけでなく、場合によっては自分や他人の命に関わることになりかねません。

つい最近、某元有名タレントのスキャンダルで話題になっていることですし、ここでは改めて「飲酒運転」にはどういう危険があり、どんなことを気をつけるべきかなどについて検証してみます。

●飲酒運転で捕まるとどうなるか?

まずは、飲酒運転で捕まると、どんな処罰などがあるのかをおさらいしましょう。

法律上、飲酒運転には「酒気帯び運転」と「酒酔い運転」の2種類があります。

飲酒運転の危険性と注意点
飲酒運転には「酒気帯び運転」と「酒酔い運転」の2種類がある

・酒気帯び運転
体内中のアルコール濃度が、法律の定める基準値を超えた状態で運転した場合をいいます。
一般的には吸気(吐き出した空気)1Lあたりのアルコール濃度を測定することが多く、警察に検問などで「飲酒検知器」を使って測定された経験を持つ人も多いでしょう。吸気1Lあたり0.15ミリグラム以上のアルコール濃度が出ると違反となります。

罰則は3年以下の懲役、または50万円以下の罰金を科せられます。

また、行政処分では、吸気1Lあたりのアルコール濃度0.15ミリ以上0.25ミリグラム未満で違反点数13点、前歴などがない場合で90日の免許停止(免許が取れない欠格期間はなし)です。

また、0.25ミリグラム以上の場合は、違反点数25点で即時免許取り消し(欠格期間2年)となります。

・酒酔い運転
お酒に酔って正常な動作や判断ができないおそれがある状態なのにクルマを運転した場合です。警察官は、ドライバーの言動や千鳥足になっているなどの歩行能力、顔色や酒臭などで判断します。

この場合、注意したいのは体内のアルコール濃度は関係なく、「酒酔い」状態だと認められれば捕まる可能性があるということです。前述の「吸気1Lあたり0.15ミリグラム」未満のアルコール濃度であっても、お酒に弱いなどで運転に支障をきたす場合は、酒酔い運転と判断されることがあります。

罰則は、酒気帯びよりも重く、5年以下の懲役または100万円以下の罰金。違反点数は35点で、即時免許取り消し(欠格期間3年)になります。

●自転車や原付バイクも違反の対象

飲酒運転は、車両であれば普通自動車はもちろん、大型トラックやバス、またバイクでも違反の対象となり、捕まれば同様の処罰を受けます。

新型コロナ禍により、最近は「密」になる電車通勤を辞めて、原付バイクや自転車で通勤をする人も増えているようですが、原付バイクも当然ながら処罰対象となります。

飲酒運転の危険性と注意点
自転車も飲酒運転の取り締まり対象だ

また、よく「自転車なら大丈夫だろう」と思う人もいるようですが、道路交通法(以下、道交法)上は「軽車両」となり、飲酒運転も禁止されています。

ただし、自転車の場合、前述の酒気帯び運転については道交法で「軽車両を除く」という規定があるため対象になりません。ところが、酒酔い運転はちゃんと処罰の対象になり、酒気帯びよりもより重い処罰を受ける可能性があります。

実際、2018年に、福岡県で自転車で蛇行運転していた女性が酒酔い運転の疑いで逮捕されたという報道がされたことがあります。この時、この女性は吸気検査で基準値の6倍ものアルコールが検出されたとか。自転車でも、歩行者と衝突し怪我をさせる事故なども増えていますから、「大丈夫だろう」は絶対禁物です。

●車内にビール缶を置いただけで捕まる国も

余談ですが、海外でも飲酒運転は多くの国や地域で厳罰化されています。
例えば、アメリカのカリフォルニア州。在サンフランシスコ日本国総領事館によると、飲酒や薬物を摂取した運転はDUI(Driving Under the Influenceの略)と呼ばれ、血中アルコール濃度が0.08%(1リットルあたり0.8ミリグラム)以上は違反。1回目の検挙でも6ヵ月の免許停止、1000ドル(約10万6000円)以下の罰金または6ヵ月以下の禁固といった処罰があるそうです。

昔、筆者はカリフォルニア州内で、レンタカーを借りてドライブをしながら取材した経験がありますが、その時に現地の知人に驚くような注意を受けた記憶があります。
その日宿泊するモーテルで飲もうと、スーパーマーケットで缶ビールを購入した際に、スーパーの駐車場でその知人は「缶ビールは必ずトランクに入れておかないと、警察に捕まることがある」というのです。

なんでも、カリフォルニア州では、開封されたアルコールの容器を車内に置いていただけでも違反で検挙されるらしく、シートなど車内の外から見える場所に缶ビールを置いただけでも警察に疑われるのだとか。

飲酒運転の危険性と注意点
アメリカのカリフォルニア州では、車内にアルコールの空き缶があってもNG

同州では、ほかにも同乗者が車内で飲酒することも禁止しているなど、飲酒運転に対し、日本よりかなり厳しい取り締まりを行っています。