ルクレール「バランスはまだ理想的ではないが、8番手は予想よりいい位置」フェラーリ【F1第10戦金曜】

 2020年F1ロシアGPの金曜、フェラーリのシャルル・ルクレールはフリー走行1=11番手/2=8番手だった。

 FP1では23周を走行し1分36秒896、FP2では35周のなかで1分35秒052を、それぞれソフトタイヤで記録した。

 金曜の時点でルクレール車にはパワーユニット(PU/エンジン)のMGU-Hのシーズン3基目が投入された。これによるペナルティはない。

2020年F1第10戦ロシアGP シャルル・ルクレール(フェラーリ)
2020年F1第10戦ロシアGP シャルル・ルクレール(フェラーリ)

■スクーデリア・フェラーリ
シャルル・ルクレール フリー走行1=11番手/2=8番手
 今日はかなり苦労したが、ラップタイムは予想していたよりは良かった。最も集中して取り組まなければならないのはバランスの向上だ。パフォーマンスとドライバビリティの両面で、さらに改善できる余地はあるはずだからね。

 このコースでは予選と決勝では完全に違う状況になるから、正しいセットアップを見つけ出すのがすごく難しい。明日に向けてやるべき仕事は山積みだ。