「これはGRスープラの戦闘服だ!」機能性を徹底追求する正統派レーシングフォルム

GRスープラに速さを与える高機能エアロパーツ

レボリューションの拘りが見え隠れする製品群に迫る

 
デリバリー直後からGRスープラのチューニングを開始し、これまでに様々な高機能パーツを生み出してきたレボリューション。ここでは、“サーキットでタイムを出すために必要な武器”をテーマに設定された、同社のエアロパーツに迫っていこうと思う。
 

フロントバンパースポイラー(カーボン:13万2000円/FRP:6万6000円)は、飽きのこないシンプルなデザインとしつつ、ハイダウンフォースを生み出す事を最優先。重量もカーボン製が1.645kg、FRP製でも1.925kgと超軽量設計だ。

ラジエターの効率を最大限に高めるGTクーリングボンネット(37万4000円)はレボリューションの売れ筋パーツだ。素材にはカーボンを採用し、純正の17kgから6kg減となる11kgを実現している。なお、製品には脱着式の雨避けカバーも付属する。

純正の樹脂製と交換するだけのナンバーベース(2万6400円)は、同社のフロントバンパーやボンネットに用いられる綾織カーボンと同素材を採用。装着時は若干ナンバーが傾斜するため、お手軽にスポーティ度をアップさせることが可能だ。

大型のアウトレットダクトを配したフェンダーも設定(カーボン:13万2000円/FRP:6万6000円)。純正のタイヤインナーカバーを外せばフェンダー内部の熱や圧力を効果的に排出することができる。

そしてボディサイドには、ボトムに視線を呼び込む立体形状でデザインされたサイドステップ(カーボン:13万2000円/FRP:6万6000円)を用意している。

ボディ下部の空気の流れを整えつつ、抜けの流速まで計算して製作された専用ディフューザー(カーボン:17万6000円/FRP:8万8000円)は、純正バンパーにボルトオンで装着可能。リヤフォルムの引き締めにも有効なパーツだ。

トランクの湾曲に合わせたデザインを採用するリヤスポイラー(カーボン:8万8000円/FRP:4万4000円)も、高い整流効果を発揮する逸品だ。

対応はGRスープラ全モデル。ルックスを磨き上げるのは当然、そこにサーキットで確実に効果を発揮する機能性を注ぎ込む姿勢こそが、レボリューションの拘りの本質なのだ。

●問い合わせ:レボリューション 埼玉県川口市東領家1-1-10  TEL:048-222-4690