スポーツカーとはナンゾや?永遠のテーマを両角岳彦が解説するも名車ブガッティもF1女子には「犬の顔にしか見えない」【動画:MOROチャンネル】

■フォーミュラカーとスポーツカーの分岐が始まった!

スポーツカーって、何? – 第1話(全9話)

●第1話はこちら
スポーツカーって、何? – 第1話(全9話)

「クルマ界のご隠居」こと両角岳彦さんがクルマにまつわるウンチクをゆるーく解説する番組「MOROチャンネル」。 9月25日に、人気テーマ「スポーツカーって、何?」の第2話が公開されました。clicccarニコニコチャンネル会員の方は無料でご覧になれます。

MOROチャンネル
出演するのは両角岳彦さん、島田有理さん、吉川賢一さん、そしてclicccar編集長の小林和久

全9話にわたってお送りする「スポーツカーって、何?」。第1話では自動車が発明されるやいなやモータースポーツが始まり、スポーツカーが誕生したお話をしましたが、第2話では、前話の終盤で触れた「1930年代にスポーツカーが豪華なものとスパルタンなものに分離した」という動きについて、より具体的にお話しします。

その象徴として登場するのが、アウトウニオンのレースカー「タイプC」や、アルファロメオ、ブガッティのクルマたち。「タイプC」は750kgフォーミュラを制するために作られた怪物レースカーですが(スーパーチャージャーV型16気筒ミッドシップ!)、一方でこうした競技車両のタイヤをフェンダーで覆い、公道を走れる「スポーツカー」という乗り物が成立してくるわけですね。ちなみに、そこで登場する名車ブガッティの「クーペ・アトランティーク」を「犬の顔にしか見えない」と喝破する島田有理さんも見ものです!

MOROチャンネル
1937年の750kgフォーミュラの資料を前に解説

もはや名物となったご隠居の脱線話も健在。堀越二郎からメルセデス・シルバーアロー、ワンウェイリベットまで、「へえ!」と思わず膝を打つ小ネタが満載です。皆さん、ぜひお楽しみください!

(clicccar編集部)