ブリヂストン、2022年末をもってレーシングカート用タイヤ供給を終了

 9月25日、ブリヂストンはプレスリリースを発行し、2022年末をもってレーシングカート用タイヤの供給を終了すると決定したことを発表した。レーシングカート界にとっては非常に大きな動きとなりそうだ。

 ブリヂストンは、1977年にカート用タイヤの供給を開始して以来、国内および海外向けにカート用タイヤの開発・製造・販売を行ってきた。国内ではJAF日本自動車連盟、海外ではFIA国際自動車連盟傘下の国際カート委員会(CIK-FIA)公認のカート用タイヤを中心に、ホビーレースユーザーから将来四輪の最高峰の舞台を目指すカートドライバーまで多くのユーザーを足元から支えてきた。

 しかし、ブリヂストングループの「中長期事業戦略に基づき、事業環境の変化に応じた事業ポートフォリオや経営資源配分の最適化を戦略的に進めるなかで、あらゆる要素を考慮しながら慎重に検討を行った結果、カート用タイヤ事業から撤退せざるを得ないとの結論に至りました」とカート用タイヤ供給を2022年末をもって終了すると発表した。

 なお、現在取引しているユーザーとの供給契約期間が満了する2022年12月31日までは、「責任を持ってカート用タイヤの供給を継続いたします」としている。

 ブリヂストンでは「これまで当社のカート用タイヤをご愛用頂いた皆様ならびにカートレース関係者の皆様に、心より感謝申し上げます。当社は、モビリティ社会を支える一員として、今後もモータースポーツ活動に情熱をもって参画していきます。引き続き当社のモータースポーツ活動にご支援を賜りますよう宜しくお願いいたします」とプレスリリースの中に記した。