WEC:2021年はLMP1をハイパーカーと同レベルに調整するとACO会長が明言「初めてのことではない」

  ACOフランス西部自動車クラブ会長のピエール・フィヨンは、2021年のハイパーカークラスにおいて新規則の適用を免除されるLMP1カーが、ル・マン・ハイパーカー(LMH)と同じパフォーマンスレベルに調整されると認めた。

 これは、2021年のWEC世界耐久選手権に改良されたレベリオンR13・ギブソンLMP1マシンで参戦するというアルピーヌの発表、ならびにそれに伴うトヨタによるBoPの観点からの反発を受けての発言である。

 2021年3月に開幕するWECでは、最高峰カテゴリーがLMP1にかわって「ハイパーカー」クラスという名称となり、そこにはLMH規定に則って作られたマシンが参戦できる。トヨタ、スクーデリア・キャメロン・グリッケンハウス、バイコレスがこの規定での参戦を予定している。

 さらに2021年は移行期間の特別措置として、ノンハイブリッドのLMP1マシンの参戦が認められる。

 先日、トヨタGAZOO Racingのテクニカル・ディレクターであるパスカル・バセロンは、LMP1車両を新車のLMH車両と同じレベルに置くことは「新たなカテゴリーを台無しにする」として、LMH車両を開発して参戦するための動機付けが失われることに警鐘を鳴らしていた。

 フィヨンはこれらの主張を擁護し、LMP1車両の参戦は現状、1年の“移行イヤー”のみ許される、と明言した。

「車両規則が変更される際、我々は常に1年の移行期間をとってきた」とフィヨン。

「2005年のアウディとペスカローロ、あるいは2012年もそうだったように、新規則の適用が免除されるマシンを設定するのは、これが初めてではない」

「これと同じ考えだ。当然、来年はハイパーカークラスにBoPを導入する。これはもちろん、LMP1マシンにも適用される。我々は、LMP1をLMHと同じパフォーマンスレベルに置くつもりだ」

 LMP1マシンが総合優勝できることについてLMHエントラントからの反発が予測されるかと問われると、フィヨンは「そのうち分かるだろう」と答えた。

「トヨタがLMHを開発するために、多くの努力をしていることを私は確信している」

「よい競争が行なわれるはずだ。特例措置は1年だけのこと、移行期間だけだ」

 来季エントリーする『アルピーヌ ・エンデュランス・チーム』をオペレートするシグナテックのチーム代表、フィリップ・シノーは、FIAとACOがBoPをうまく調整するための「公正な、良い方法」を見つけることを強く確信しているという。

■アルピーヌは11月にテスト開始予定「大きな開発は厳しい」

「ACOが管理するスポーティングには、私は自信を持っている」とシノー。

「我々は信頼されるようにならなければいけない。トップカテゴリーで真の戦いができることは、誰にとっても興味深いものだ」

「我々のように参戦してくるいくつかのメーカーを将来作り出したいのなら、これがうまくやるための唯一の方法だ。『みんな、アルピーヌは将来(LMH/LMDh)も参戦することを視野に入れて、勝てる状態で戦っているぞ』とね。これが、私が自信を持っている理由だ」

 2022年にもLMP1マシンの参戦が許されるかどうかについては、フィヨンとWECのCEOであるジェラール・ヌブーは態度を明確にしておらず、2021年の参戦を確約するにとどまった。

「スケジュールを見てみれば、トヨタとグリッケンハウス、バイコレスは(2021年に)トラックデビューを果たすことになると私は理解している」とヌブーは言う。

「プジョーは2022年の間には参戦してくると語っていた。必ずしもシーズンの初めからである必要はなく、2022年中だと」

「もちろん、COVID-19をめぐる状況がこの冬の間にどんどん悪化を続けた場合は、多くのことを再考する必要がある。だが、もし現在と似たような状況であるならば、我々は2022年の明確なビジョンを持つべきだ」

 シノーはまた、2020年11月末頃に、アルピーヌのバッヂをつけるLMP1マシンのテストを開始する予定であると語った。

2020年のル・マン24時間で総合2位に入り、すべてのレース活動を終了したレベリオン・レーシング。このマシンが、アルピーヌLMP1のベースとなる
2020年のル・マン24時間で総合2位に入り、すべてのレース活動を終了したレベリオン・レーシング。このマシンが、アルピーヌLMP1のベースとなる

「このパッケージを選んだのは、信頼性が本当に高く、パフォーマンスも優れているためだ」とシノーは2020年のル・マン24時間レースで総合2位を獲得したオレカ製マシン、レベリオンR13について語る。

「想像できると思うが、準備のための時間は短い。11月や12月にマシンを走らせたいと思うのなら、それまでに大きな開発をすることはイメージしにくいだろう」

「我々は、確実に(何かの開発を)行なう。なぜなら、アルピーヌとオレカはいくつかのアイデアを持っているはずだらかね。だが、それは重要なポイントではない。重要なのは、このパッケージを新しい規則に適合させることだ」

 1台体制で挑むことになるチームのドライバーラインアップについては、クリスマスまでには“決定的”になるという。

「時間をかけたい」とシノー。

「我々は素晴らしいグループであり、だからこそ過去数年にわたってアルピーヌとともにLMP2で成功を収めてきた」

「このプロジェクトの力となってきたのは、このグループに関わる人々の人的価値だ。私はその継続性を重視している」

 シノーはアルピーヌが2021年はWECのLMP2クラスへ出場しないことを認めているが、ELMSヨーロピアン・ル・マン・シリーズのLMP2クラスに参戦するリシャール・ミル・レーシングのオペレーションは引き続きシグナテックが務めるという。