BMW、新型のM3セダンとM4クーペを同時公開! 日本への上陸は2021年春を予定

BMW M3 Sedan / M3 Competition Sedan / M4 Coupe / M4 Competition Coupe

BMW M3セダン/M3 コンペティション セダン/M4 クーペ/M4 コンペティション クーペ

M3とM4が最新世代へ進化

BMW M GmbHは2020年9月23日、新型のM3セダン及びM4クーペを世界初公開した。最新世代の3シリーズ(G20)及び4シリーズ(G22)をベースにしたM伝統の高性能モデルで、日本への上陸は2021年春を予定している。

新型の5人乗り4ドアのM3セダン(G80)、及び4人乗り2ドアのM4クーペ(G82)は、それぞれにノーマル仕様と、高出力仕様の「コンペティション」をラインナップする。

新型BMW M3 コンペティション セダンおよびM4 コンペティション クーペの2台イメージ

M4 GT3にも搭載する直6ターボを心臓に

ノーマルのM3とM4には最高出力480hp/最大トルク550Nmの3.0リッター直列6気筒ターボエンジンを搭載。いかなる速度域でも極めて自然なレスポンスを実現するパワーユニットは、今後M4 GT3の心臓としても活躍する。

さらに、6速のマニュアルトランスミッションを組み合わせているのも注目のポイント。スポーツモデルなのだからやはりMTを操りたい。そう考えるユーザーには朗報だ。

新型BMW M3 コンペティション セダンのエンジンコンパートメントイメージ

シリーズ初めての4輪駆動モデルも

コンペティションモデルの方は直6の出力を510hp、トルクを650Nmまで高め、「M ステップトロニック」と呼ぶ8速ATを採用している。また、コンペティションには2021年夏に4輪駆動xDrive仕様も追加予定。“FR”にこだわり続けてきたM3/M4シリーズがいよいよ初の4WDをラインナップすることになる。

「M xDrive」と呼ぶアクティブ4輪駆動は「4WD」と「4WD スポーツ」モードを備える。後者を選択した場合、トルク配分が後輪寄りとなり、さらにDSCをオフにすれば2WDモードに入る仕組みとなっている。

新型BMW M3 コンペティション セダンのフロント走行イメージ

CFRPルーフは全車に標準装備

フロントマスクには縦長の最新キドニーグリルを採用。大きな開口部を活かしたエアインテーク部は、エンジンの冷却効率アップにも寄与している。エアロダイナミクス面へのこだわりは随所に徹底しており、フロントバンパー左右脇に備えたエアカーテン部には、高速走行時の気流を最適化するフリックを設置。レーシングカーを彷彿させるサイドシルやリヤディフューザーも装着している。また、空力を考慮し2本のフィンを備えたCFRP製のルーフも全車に標準装備した。

ハイパワーに対応させるべく、ボディ各部の剛性も徹底的に追求。エンジンコンパートメント内やフロア下にブレースを、フロントアクスルのサブフレームにはシアーパネルを追加。リヤアクスルの軽量スチール製サブフレームはラバーマウントを用いずボディへ直接連結することで、スタビリティ性能をさらに押し上げた。

新型BMW M4 コンペティション クーペのサイドビュー

2段階に切り替えられるブレーキシステム

電子制御ダンパーを備えたアダプティブMサスペンションは全車に標準。さらに、M専用のバリアブルレシオステアリングや、レスポンスやペダルフィールを2パターンに切り替えられるブレーキシステムも用意している。タイヤはフロントに275/40ZR18、リヤに285/35ZR19サイズを装着する。

ボディカラーには、ソリッドの「サンパウロイエロー」、メタリックの「トロントレッド」、「マン島グリーン」を新たに設定。ヘッドライトはフルLEDが標準装備で、最新のレーザーライトもオプションで選択可能とした。

新型BMW M4 コンペティション クーペのフロントシートイメージ

カーボン製バケットシートも選択可能

シートはMスポーツ仕様を全車に採用。メリノレザーをあしらったシートは、初めてベンチレーション機能も選べるようになった。また、サーキット志向のユーザー向けに、4点ハーネスなども装着できるカーボン製のバケットシートもラインナップに加えている。

走行モード切替システム「M ドライブ プロフェッショナル」も用意。DSCの介入ステージを10段階に切り替えられたり、コーナリングの分析をする「M ドリフト アナライザー」、ラップタイム機能なども搭載している。

新型BMW M3 コンペティション セダンおよびM4 コンペティション クーペの2台イメージ

 

0-100km/h加速は3秒台を実現

さらに、シャシーやエンジン、ステアリング、xDrive仕様の場合は4WDも含め、任意で組み立てたセッティングを2パターン作成し、ステアリングのMボタンを介してワンタッチで切り替えることができるようにした。

最強・最新のM3とM4は、0-100km/h加速がノーマルで4.2秒、コンペティションで3.9秒を実現。ピュアスポーツカーそのものといえるパフォーマンスを、4ドアセダン/2ドアクーペという伝統的なボディスタイルに凝縮させた優駿が日本の道を駆け出すのは、2021年春の予定である。

【SPECIFICATIONS】

BMW M3 セダン

ボディサイズ:全長4794 全幅1903 全高1433mm

ホイールベース:2857mm

車両重量:1705kg

エンジン:直列6気筒DOHCターボ

総排気量:2993cc

ボア×ストローク:84.0×90.0mm

最高出力:353kW(480hp)/6250rpm

最大トルク:550Nm/2650〜6130rpm

トランスミッション:6速MT

駆動方式:RWD

サスペンション:前ダブルジョイントスプリングストラット 後5リンク

タイヤサイズ:前275/40ZR18 後285/35ZR19

0-100km/h加速:4.2秒

BMW M3 コンペティション セダン

ボディサイズ:全長4794 全幅1903 全高1433mm

ホイールベース:2857mm

車両重量:1730kg

エンジン:直列6気筒DOHCターボ

総排気量:2993cc

ボア×ストローク:84.0×90.0mm

最高出力:375kW(510hp)/6250rpm

最大トルク:650Nm/2750〜5500rpm

トランスミッション:8速AT

駆動方式:RWD

サスペンション:前ダブルジョイントスプリングストラット 後5リンク

タイヤサイズ:前275/40ZR18 後285/35ZR19

0-100km/h加速:3.9秒

BMW M4 クーペ

ボディサイズ:全長4794 全幅1887 全高1393mm

ホイールベース:2857mm

車両重量:1700kg

エンジン:直列6気筒DOHCターボ

総排気量:2993cc

ボア×ストローク:84.0×90.0mm

最高出力:353kW(480ps)/6250rpm

最大トルク:550Nm/2650〜6130rpm

トランスミッション:6速MT

駆動方式:RWD

サスペンション:前ダブルジョイントスプリングストラット 後5リンク

タイヤサイズ:前275/40ZR18 後285/35ZR19

0-100km/h加速:4.2秒

BMW M4 コンペティション クーペ

ボディサイズ:全長4794 全幅1887 全高1393mm

ホイールベース:2857mm

車両重量:1725kg

エンジン:直列6気筒DOHCターボ

総排気量:2993cc

ボア×ストローク:84.0×90.0mm

最高出力:375kW(510hp)/6250rpm

最大トルク:650Nm/2750〜5500rpm

トランスミッション:8速AT

駆動方式:RWD

サスペンション:前ダブルジョイントスプリングストラット 後5リンク

タイヤサイズ:前275/40ZR18 後285/35ZR19

0-100km/h加速:3.9秒