『BMW3シリーズ・ツーリング』にセダンと同じくエントリーモデルの“318i”が追加設定

 Dセグメントを代表するスポーティサルーン『BMW3シリーズ』のワゴンボディ・バリエーション『BMW3シリーズ・ツーリング』のラインアップに、セダン同様のエントリーグレードとなる『BMW 318iツーリング(サンイチハチアイ)』が登場。9月17日より発売が開始されている。

 伝家の宝刀“ストレート6”搭載のM340iを頂点に、クリーンディーゼルや4WDのxDrive仕様も揃えるBMW3シリーズ・ツーリングだが、先頃セダンに追加設定されたパワートレインと同様に、最高出力156PS/4500rpm、最大トルク250Nm/1300-4300rpmを発揮する2リッター直列4気筒ガソリン・エンジン搭載モデルが追加された。

 1610kgの車重に対し必要充分なアウトプットを備えるとともに、世界基準となるWLTCモードでの燃料消費率も13.3km/Lを記録するなど、高い省燃費性能を誇る『BMW 318iツーリング』には、日本初認可のハンズ・オフ機能などの充実した安全運転支援システム(ADAS)を搭載し、サポカー補助金対象モデルにも認定されている。

 このBMW流最新ADASの“ドライビング・アシスト・プラス”は、高性能3眼カメラ、高性能プロセッサーおよびレーダーによって精度と正確性の高い最先端の運転支援を実現しており、BMWが国内で最初に認可を取得した“ハンズ・オフ機能付き渋滞運転支援機能”を備える。

 これは高速道路上での渋滞時にドライバーの運転負荷を軽減し安全に寄与するシステムで、絶えず前方に注意するとともに、周囲の道路交通や車両の状況に応じて直ちにハンドルを確実に操作することができる状態にある限りにおいて、60km/hまでステアリングから手を離して走行が可能な自動運転レベル2段階のアシスト機能となっている。

 さらにアクティブ・クルーズ・コントロール(ストップ&ゴー機能付)、レーン・チェンジ・ウォーニング(車線変更警告システム)、レーン・ディパーチャー・ウォーニング(車線逸脱警告システム)、ステアリング&レーン・コントロール・アシスト、サイド・コリジョン・プロテクションおよび衝突回避・被害軽減ブレーキ(事故回避ステアリング付)、クロス・トラフィック・ウォーニングなど数多くの安全運転支援機能の標準装備により、セーフティー・サポートカー(サポカー)として国土交通省が定める補助金対象モデルに認定されている。

 また、車両が直前に前進したルート最大50mまでを記憶し、その同じルートをバックで正確に戻ることが可能となる“リバース・アシスト機能”も標準装備となっている。

 このBMW 318iツーリングには標準車とM Sportのふたつのトリムが用意され、価格は523万〜584万円(消費税込み)となっている。詳細はBMWの公式ホームページ(https://www.bmw.co.jp/ja/all-models/3-series/touring/2019/new_3series_touring_entry.html)まで。

最高出力156PS/4500rpm、最大トルク250Nm/1300-4300rpmを発揮する2リッター直列4気筒ガソリン・エンジンを搭載
最高出力156PS/4500rpm、最大トルク250Nm/1300-4300rpmを発揮する2リッター直列4気筒ガソリン・エンジンを搭載
世界基準となるWLTCモードでの燃料消費率も13.3km/Lを記録するなど、高い省燃費性能を誇る
世界基準となるWLTCモードでの燃料消費率も13.3km/Lを記録するなど、高い省燃費性能を誇る
BMWが国内で最初に認可を取得した“ハンズ・オフ機能付き渋滞運転支援機能”も備える
BMWが国内で最初に認可を取得した“ハンズ・オフ機能付き渋滞運転支援機能”も備える
車両が直前に前進したルート最大50mまでを記憶し、その同じルートをバックで正確に戻ることが可能となる“リバース・アシスト機能”も標準装備となっている
車両が直前に前進したルート最大50mまでを記憶し、その同じルートをバックで正確に戻ることが可能となる“リバース・アシスト機能”も標準装備となっている