ホンダ、夢見る10代を応援する『The Power of Teen』開始。スペシャルゲストには佐藤琢磨も

 ホンダは9月24日、夢見て頑張る10代を応援する次世代育成プログラム『The Power of Teen(ザ・パワー・オブ・ティーン)』を開始し、同日から参加者を募集すると発表した。

 ザ・パワー・オブ・ティーンと題された次世代育成プログラムは、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響でさまざまなイベントが中止となってしまい、例年行っていたことができない日々が続き、子どもたちが夢や目標を悩んだり見失ったりしている状況に対して、夢の実現を後押しすることを目的に展開されるもの。

 そんな夢の力を信じ、夢の実現に向けたチャレンジの一歩を踏み出してもらうためのプログラムに応募した人は、夢に向かってチャレンジし続けるスペシャルゲストによるオンライン授業『シェア夢授業』に参加し、夢の力を実感してもらうという。

 このシェア夢授業の講師ともいえるゲストには、8月23日に開催されたインディ500で自身2度目の制覇を成し遂げたレーシングドライバーの佐藤琢磨のほか、ホンダ・エアクラフト・カンパニー取締役社長の藤野道格氏、Honda HEAT所属のラグビー選手、具智元さんが予定されている。

 その後、応募した人のなかから選ばれた5名には、自分の夢を『シェア夢発表会』で発表し夢の実現に向けた力にしてもらい、発表者はホンダの空への夢を実現した『HondaJet(ホンダジェット)』に乗ることができる『ホンダジェット搭乗体験会』に参加ができる。

2020年8月のインディ500で自身2度目の制覇を成し遂げた佐藤琢磨
2020年8月のインディ500で自身2度目の制覇を成し遂げた佐藤琢磨
ホンダの空への夢を実現したホンダジェット
ホンダの空への夢を実現したホンダジェット

 なお、シェア夢授業とシェア夢発表会については、一般の方も見ることができるようにオンライン配信が予定されているとのことだ。

 この次世代育成プログラム、ザ・パワー・オブ・ティーンへの応募期間は2020年9月24日~10月24日23時59分まで。応募は日本在住の13~19歳で、日本語でコミュニケーションをとれる方が対象となる。申込みはオンラインで受け付けており、プログラムの詳しい流れや募集概要、応募についてはホンダの公式ホームページ(https://www.honda.co.jp/philanthropy/pot/)を確認してほしい。

■『The Power of Teen』募集概要

応募内容
●シェア夢シート:自分の夢(下記1~4)を描いてアップロード
 1:あなたの実現したい夢は何ですか?
 2:その夢が叶うと、世の中がどう良くなりますか?
 3:その夢を持ったきっかけは何ですか?
 4:夢を実現するためのアイデア、頑張っていることなどありますか?

●夢を実現するためのアイデアや想い、ご自身の頑張っている姿がわかる動画
●自己PR写真・コメントメッセージ

対象
・日本在住の13歳から19歳(2021年3月31日時点で20歳以下)の方で、日本語でコミュニケーションをとれる方
・選出された場合、2020年12月6日(日)に開催予定の発表会にオンラインでの参加が可能で、ご自身のシェア夢シートを発表できる方