BMW、FFホットハッチのニューモデル「128ti」をニュルブルクリンク・ノルドシュライフェで最終テスト

BMW 128ti

最高出力265bhpを発揮する2.0直4ターボを搭載

新型コンパクトスポーツカー「BMW 128ti」が、現在ニュルブルクリンク・サーキットのノルドシュライフェで、最終的なハンドリングテストを続けている。このテストではサーキット周辺のアイフェル地方のワインディングロードも使用しており、様々な環境でハンドリングのチェックが行われている模様だ。

BMW 128tiは、1シリーズ最上級モデルの「M135i xDrive」の次に位置する仕様。最高出力195kW(265bhp)を発揮する、新開発の2.0リッター直列4気筒直噴ガソリンターボエンジンを搭載し、0-100km/h加速は6.1秒を発揮する。

最終テストを続ける「BMW 128ti」

 

エクステリアとインテリアに専用装備を採用

単なる1シリーズの追加モデルではなく、エクステリアとインテリアには多くの専用装備が与えられ、サスペンションとハンドリングは専用チューニングを採用。非常にスポーティでドライビング志向のキャラクターが与えられており、特に若い世代をターゲットとしたモデルとして登場する見込みだ。

駆動系では8速ステップトロニック・スポーツトランスミッションに、標準装備のトルセン式LSDが組み合わされたことで、フロントアクスルのトラクションが大幅に向上。また、10mmのローダウンを含む専用チューニングが施された「Mスポーツ・サスペンション」と、俊敏なハンドリングを実現させる「BMWパフォーマンス・コントロール」が採用されている。

最終テストを続ける「BMW 128ti」

 

2020年11月からヨーロッパでの販売をスタート

ステアリングはより正確な反応が得られるようアライメントを微調整。ドライバーは、従来のモデルよりもさらにダイレクトな反応を感じることができるという。4輪駆動を採用したトップモデルのM135i xDriveと比較すると約80kgも軽量化が図られており、軽快なドライブが楽しめると言えるだろう。

強化スタビライザーベアリングと強化スタビライザーも標準で採用し、シャシーの剛性レベルも向上。追加費用なしのオプションでスポーツタイヤも装着可能だ。また「Mスポーツ・ブレーキ」の採用により、鍛えられた動力性能に見合った制動力も確保されている。

BMW 128tiは、202011月から欧州での販売を予定。日本市場への投入時期は現時点で発表されていない。