自慢は「カニ」モード! 1000hpの出力を引っさげ、ハマーEVが10月20日にデビュー

■トラックを斜めに移動させる4輪ステアリング機能

GMが展開する「GMC」ブランドは、ハマー後継モデルとなる「ハマーEV」を10月20日にワールドプレミアすること発表しました。

ハマーEV_001
ハマーEV ティザーイメージ

大型オフローダーのハマーは、2010年に廃止されていましたが、新たにGMCブランドから復活、GM初の量産フルEVピックアップとして誕生します。

「スーパートラック」と呼ばれるハマーEVは、4輪ステアリング機能により、トラックが斜めに移動することができる「クラブモード」(カニモード)を搭載することが話題となっています。

ハマーEV_002
ハマーEV ティザーイメージ

搭載されるパワーユニットは、最高出力1,000hp・最大トルク1,560Nmを発揮、0-100km/h加速が3秒という「スーパートラック」と呼ばれるに相応しいパフォーマンスが特徴です。

ハマーEVは、10月20日にデジタルワールドプレミアが行われ、同時に予約がスタートするといいます。復活第一弾としてピックアップトラックが登場しますが、今後クロスオーバーSUVなど派生モデルの誕生も期待できるはずです。

(APOLLO)