Moto3:3位を獲得してランキング2位につける小椋藍「結果はポテンシャル以上のものだった」/MotoGP第8戦

 9月20日、ミサノ・ワールド・サーキット・マルコ・シモンチェリで行われた2020年MotoGP第8戦エミリア・ロマーニャGPのMoto3クラス決勝で小椋藍(Honda Team Asia)は3位表彰台を獲得。8戦中6度目の表彰台獲得となった。

 同地で先週行われたサンマリノGPではポールポジションスタートだったが、今回は11番手からレースを開始した小椋。予選は「チャレンジングで、上手くまとめることは簡単ではなかった」と語るが、決勝に向けては「前に突き進むことです。ベスト尽くして走ります」と意気込んだ。

 決勝レースはオープニングラップからポジションを上げて9番手につける。その後はオーバーテイクを許し5周目に入るところで13番手となったが、それ以降はいつもの調子を取り戻しひとつずつ順位を上げていった。

 トップ集団の後方を走行してレース後半に入ったが、残り5周の時点では6番手、翌周に3番手を奪う。そしてラストラップで5番手となるが、14コーナーで2台をかわすと3位でフィニッシュして表彰台を獲得した。

小椋藍(Honda Team Asia)/2020MotoGP第8戦エミリア・ロマーニャGP
小椋藍(Honda Team Asia)/2020MotoGP第8戦エミリア・ロマーニャGP

 チャンピオンシップポイントは117ポイントまで積み上げて、アルベルト・アレナスと2ポイント差でチャンピオンを狙える総合2位を守っている。

 Honda Team Asiaの青山博一監督は「小椋選手は良いレースが出来ました。グリッドは11位からでしたが、スタートも決まりすぐに前を走る選手をつかまえることができ、レースをコントロール出来ていました。終始、良いリズムで走れ、レース終盤まで可能な限りプッシュして順位を上げて行き、最後に順位を挽回して表彰台に登ることが出来ました」とレースを振り返った。

小椋藍(Honda Team Asia)/2020MotoGP第8戦エミリア・ロマーニャGP
小椋藍(Honda Team Asia)/2020MotoGP第8戦エミリア・ロマーニャGP

■小椋藍(Honda Team Asia) 決勝:3位
「今日の結果は、我々のポテンシャル以上のものだったと思います。もちろん結果は嬉しいのですが、今週は自分にとって、とてもチャレンジングなレースとなりました。出だしが厳しく、FP3では大きく進歩できたのですが、QF2でまた上手くまとめることが出来ず、予選順位も芳しいものではありませんでした」

「レースはタフで、ペースも速く、多くのライダー達がアグレッシブな走りをすることを改めて知りました。上位を維持することは容易ではありませんでした。いずれにしても、また表彰台に登ることが出来たことは良かったです」

「優勝するためにはもっと改善していく必要があります。まだまだ次の戦いが待ち受けています。気を引き締めて頑張ります」