ポルシェ カレラカップ ジャパン第4戦代替ツインリンクもてぎ、逃げ切った上村優太が優勝! 各クラスの王座も決定

1イベント中に決勝を3戦行うのはPCCJ史上初

ポルシェ カレラカップ ジャパン(PCCJ)2020年シーズン第4戦代替決勝が、2020年9月20日(日)にツインリンクもてぎで開催された。

今年20年⽬のシーズンを迎え、現在国内で行われているワンメイクレースの中でもっとも長い歴史を誇るPCCJ。今シーズンは新型コロナウイルス(COVID-19)感染症の影響でレースカレンダーが変更され、6月27〜28日の岡山国際サーキットで幕を開けた。

第3戦/第4戦はスポーツランドSUGO、第5戦/第6戦は富士スピードウェイ、第7戦/第8戦はツインリンクもてぎと、全4イベント8戦で競われているが、第4戦は天候不順のためキャンセルとなっていた。そのため今回のもてぎで第4戦代替レース開催を決定したが、公式レースを1イベント中に3戦行うのはPCCJ史上初となる。

グリッドは第7戦決勝中のベストラップタイム順で決定し、ポールポジションを獲得したのはランキングトップの近藤 翼。2番手は小河 諒、3番手は上村優太、4番手はPCCJ ジュニアドライバーの石坂瑞基が続く。プロアマクラスのクラスポールポジションはIKARI、アマクラスのクラスポールポジションは神取彦一郎となった。

PCCJ第4戦代替決勝ツインリンクもてぎラウンド

優勝は上村、2位の近藤が3度目の王座を獲得

午前中の第8戦はフルウェットだったが第4戦代替レースの決勝の頃には晴れ間も見え、16時からのフォーメーションラップを経てレースはスタート。ポールポジションの近藤がスタートで出遅れる一方で、2番手グリッドの小河と3番手グリッドの上村が好スタートを見せる。

トップに立った小河は背後にピタリとつける上村を引き離そうとペースを上げるが、逆転王者の可能性が残されている上村は一歩も引かずテールトゥノーズの戦いが繰り広げられる。その状態が最終ラップの12周目まで続くが、最終的に小河が逃げ切り優勝を手にした。

小河は「今年は攻めをテーマに戦ってきたのですが、最終レースで優勝できていいシーズンエンドになったと思います」と語る。2位でゴールした上村は、複数回の規定走路外走行により結果に30秒加算のペナルティを科され6位になってしまう。この結果、近藤が繰り上げ2位となり、PCCJ史上初となる3回目の戴冠を成し遂げた。

近藤は「今日はスタートを失敗してしまったので目標を無事ゴールすることに切り替えました。今シーズン素晴らしいマシンを用意してくれたチームに感謝しています」と喜びを語る。石坂はレース前半、近藤に迫る速さを見せトップグループに追いすがったが3位に終わる。最終的なポイントランキングは、1位近藤が148点、2位上村が132点、3位石坂が124点、4位小河が121点となった。

PCCJ第4戦代替決勝ツインリンクもてぎラウンド

プロアマクラス初代チャンピオンは内山清士に

プロアマクラスは、クラス2番手からスタートした内山清士が優勝を果たし、同クラス初代チャンピオンに輝いた。「優勝でチャンピオンを決められて良かったです。近藤選手のチャンピオン、チームチャンピオンと3冠も獲得でき嬉しいです」と、喜びを語る。

アマクラスは神取が今シーズン初優勝を飾り「今日は自分の走りができれば勝てると思っていました」と振り返る。そして2位のSKY Chenがアマクラスの初代チャンピオンを獲得し、「もてぎで初優勝と初タイトルを獲得でき、いいシーズン最終大会になりました」と、笑顔で語った。

なおチームチャンピオンは、オーバーオール(総合)チャンピオンの近藤とプロアマクラスのチャンピオンの内山がコンビを組んだNK Racingが獲得した。