WRCトルコ:サバイバルラリー走破のエバンスが今季2勝目。トヨタは両選手権で首位の座守る

 WRC世界ラリー選手権第5戦は9月20日、競技最終日・デイ3のSS9~12が行われた。このラリーに挑んだTOYOTA GAZOO Racing WRTは、最終日を総合4番手で迎えたエルフィン・エバンス(トヨタ・ヤリスWRC)が総合優勝を飾り、僚友カッレ・ロバンペラ(トヨタ・ヤリスWRC)が総合4位でフィニッシュした。一方、表彰台圏内でラリーを戦っていたセバスチャン・オジエ(トヨタ・ヤリスWRC)はマシントラブルによりリタイアとなっている。

 非常に荒れた路面と高温の影響で、シリーズのなかでももっとも過酷なラリーのひとつとされるラリー・トルコ。デイ3はまさにその過酷さが選手たちを苦しめることとなった。

 この日はサービスパークが置かれるマルマリスを中心に4本のSS(合計距離88.86km)が行われた。前日と比べると走行距離は短いものの、その内の2ステージ、SS9と再走ステージのSS11“チェティベリ”は今大会最長、全長38.15kmの超ロングステージだ。この2SSも多分に漏れず非常に荒れた路面となっており、今イベント最難関のステージとなることが予想されていた。

 実際、3日目最初のステージとなったSS9では、オジエとロバンペラを含む上位5台のマシンに次々とタイヤトラブルが発生。また、これに加えて2台に足回りのトラブルが起き、各選手は対応に追われることとなった。
 
 そんななか総合4番手でSS9を迎えたエバンスは唯一、ノントラブルでこのステージをクリアし一気に総合首位に浮上してみせる。SS9だけで後続に45秒以上の大量リードを築いたエバンスはその後も安定した走りでラリーを進め、そのまま最終ステージを走破してキャリア3勝目を飾った。
 
 第2戦スウェーデン以来の今季2勝目を挙げたエバンスは、これでドライバー選手権でオジエを逆転。ランキング首位に立っている。
 
 SS9でパンクに見舞われたオジエは、素早いタイヤ交換作業でタイムロスを最小限に抑え総合2番手でラリーに復帰する。しかし、総合3番手で迎えたSS11で今度はエンジンにトラブルが発生。残り2SSを残し無念のリタイアを喫した。

 オジエと同様にSS9でタイヤのトラブルに見舞われたロバンペラも、やはりタイムを失ったものの最終的には総合4位でフィニッシュ。チームのマニュファクチャラー選手権首位の死守に貢献したほか、SS12の最終パワーステージではボーナスポイントの2点を獲得するなど着実にポイントを稼ぐ活躍をみせた。

カッレ・ロバンペラ(トヨタ・ヤリスWRC) 2020年WRC第5戦トルコ
カッレ・ロバンペラ(トヨタ・ヤリスWRC) 2020年WRC第5戦トルコ
セバスチャン・オジエ(トヨタ・ヤリスWRC) 2020年WRC第5戦トルコ
セバスチャン・オジエ(トヨタ・ヤリスWRC) 2020年WRC第5戦トルコ

■リタイアとなったオジエに「申し訳ない」とマキネン

「このような難しいラリーを戦い抜いて優勝することができ、信じられない気持ちだ」と語るのは、TOYOTA GAZOO Racing WRTのチーム代表を務めるトミ・マキネン。

「エルフィン(・エバンス)はノーミスで素晴らしい走りを見せてくれ、今日のステージも何の問題もなく走り切った。彼がドライバー選手権をリードし、我々チームがマニュファクチャラー選手権首位を守ったのは素晴らしいことだ」

「また、カッレ(・ロバンペラ)も経験が少ないにも関わらず、素晴らしいドライビングでチームに貢献してくれた」

「一方、セブ(セバスチャン・オジエ)に対しては本当に申し訳なく思う」

「なぜ、エンジンにトラブルが起こってしまったのか調査する必要がある。今朝は優勝争いをしていたのに、不運な週末となってしまいとても残念だよ」

 表彰台圏内を走りながら悔しい結果に終わったオジエは「何が起きたのか正確にはわからないが、徐々にパワーが落ちていき、残念ながら走り続けられなくなった」と当時の状況をふり返っている。

 WRCの次戦イタリアは地中海に浮かぶサルディニア島が戦いの舞台だ。今戦に続くグラベル(未舗装路)ラリーとなる第6戦は10月8~10日に行われる。

セバスチャン・オジエ(トヨタ・ヤリスWRC) 2020年WRC第5戦トルコ
セバスチャン・オジエ(トヨタ・ヤリスWRC) 2020年WRC第5戦トルコ
エルフィン・エバンス(トヨタ・ヤリスWRC) 2020年WRC第5戦トルコ
エルフィン・エバンス(トヨタ・ヤリスWRC) 2020年WRC第5戦トルコ
カッレ・ロバンペラ(トヨタ・ヤリスWRC) 2020年WRC第5戦トルコ
カッレ・ロバンペラ(トヨタ・ヤリスWRC) 2020年WRC第5戦トルコ