またしても夢破れた小林可夢偉「またチャンスがあれば挑戦するしかない」/ル・マン24時間

 9月19〜20日に決勝が行なわれた第88回ル・マン24時間レースで3位表彰台に立ったトヨタGAZOO Racingの7号車TS050ハイブリッドをドライブする小林可夢偉が、レース後に心境を語った。

 2019年はトップ走行中、残り1時間のところでパンクに見舞われたが、適切なタイヤを交換することができずに時間をロスし、僚友の8号車に勝利を受け渡す格好となってしまった7号車陣営。マシンをシェアするマイク・コンウェイ、ホセ・マリア・ロペスとともに雪辱を期して挑んだ2020年のル・マンでは予選から好調で、ハイパーポールでは可夢偉のアタックによりポールポジションを獲得する。

 決勝ではスタートから順調にリードを築き、悲願達成へとひた走っていたが、スタートから12時間が経過した直後、エキゾースト・マニホールドに起因するターボトラブルに見舞われ、ガレージでの修復を余儀なくされた。

 修復を終え4番手でコースに復帰した7号車は、その後も諦めずに力走を続け、終盤にレベリオン・レーシングの3号車レベリオンR13を逆転、表彰台フィニッシュを果たしている。

「今日はまず、トヨタGAZOO Racingとしてこの24時間レースで勝てたこと、そして8号車が優勝したことは本当に素晴らしいことだと思います」と可夢偉。

「残念ながら僕らは夜中にターボの交換で30分をロスして、7周おくれのところから巻き返したんですけど、深夜にGT車両のパーツが飛んできたみたいで、それでエアロを失って途中からパフォーマンスを出せなくなってしまい、ちょっと厳しいレースになってしまいました」

「チームとしてまず、このレースを3回勝つということが今回は非常に重要だったので、まずはそこに貢献できたことが良かったと思います」

「僕らもドライバーとしては3人がミスなく全力で戦い、またエンジニアもメカニックも頑張ってくれて、その結果の3位ではありますが、これもレースなので」

「またチャンスがあれば挑戦するしかないなと思います。応援ありがとうございました」