野左根「中須賀選手を転倒させてしまいました。本当に申し訳ない」/全日本ロード第3戦オートポリス レース2会見

 9月20日に大分県のオートポリスで行われた、2020年MFJ全日本ロードレース選手権シリーズ第3戦スーパーバイクレース in 九州のJSB1000決勝レース2を終え、表彰台に登った野左根航汰(YAMAHA FACTORY RACING TEAM)、清成龍一(Keihin Honda Dream SI Racing)、前田恵助(YAMALUBE RACING TEAM)が戦いを振り返った。

■野左根航汰/YAMAHA FACTORY RACING TEAM(レース2:優勝)

全日本ロードレース選手権第3戦オートポリス JSB1000 レース2  優勝:野左根航汰(YAMAHA FACTORY RACING TEAM)
全日本ロードレース選手権第3戦オートポリス JSB1000 レース2  優勝:野左根航汰(YAMAHA FACTORY RACING TEAM)

「前に出たかったけど思った以上に状況がよくなくて、前に出ようとすると転倒しそうになっていました。清成選手を抜いて離していけるかといったら難しい状況でした。その中で中須賀選手と清成選手の後ろにつけたのですが、清成選手はワンランク速くなっていました。1コーナーで前に出ようとしたのですがスピンして失速してしまい、余裕はありませんでした」

「最終ラップの最終コーナーは、あそこしかチャンスが作れなかったのですが、少し強引にいきすぎたと反省しています。完全に接触し、中須賀選手を転倒させてしまいました。本当に申し訳ないです」

■清成龍一/Keihin Honda Dream SI Racing(レース2:2位)

全日本ロードレース選手権第3戦オートポリス JSB1000 レース2 2位:清成龍一(Keihin Honda Dream SI Racing)
全日本ロードレース選手権第3戦オートポリス JSB1000 レース2 2位:清成龍一(Keihin Honda Dream SI Racing)

「SUGOに続き、表彰台に上がることができてうれしいです。金曜日の走行がない中、チームが頑張ってくれてセッションごとにマシンがよくなっていきました。おかげでレースペースもバイクの感触もよくなり、この位置に来ることができました。ただ、転倒車があったおかげもあって、自力では難しかったです。次からは自力で上がれるように頑張りたいです。タイヤもマシンもすばらしかったから感謝しています」

■前田恵助/YAMALUBE RACING TEAM(レース2:3位)

全日本ロードレース選手権第3戦オートポリス JSB1000 レース2 3位:前田恵助(YAMALUBE RACING TEAM)
全日本ロードレース選手権第3戦オートポリス JSB1000 レース2 3位:前田恵助(YAMALUBE RACING TEAM)

「スタートで出遅れて10番手くらいまで落ちてしまいました。自分はトップの4台と比べてペースが遅くて、頑張ってついていこうと思ったけれど離れてしまいました。あきらめずに粘り続け、集団のトップを目指していたら、ラッキーだけど3位に入ることができました。JSBクラス初表彰台なので、ラッキーであってもうれしい気持ちでいようと思います」