野左根「実際は2位だと思っています。明日は最後まで勝負がしたい」/全日本ロード第3戦オートポリス レース1会見

 9月19日に大分県のオートポリスで行われた、2020年MFJ全日本ロードレース選手権シリーズ第3戦スーパーバイクレース in 九州のJSB1000決勝レース1を終え、表彰台に登った野左根航汰(YAMAHA FACTORY RACING TEAM)、中須賀克行(YAMAHA FACTORY RACING TEAM)、水野涼(MuSASHi RT HARC-PRO.Honda)が戦いを振り返った。

野左根航汰(YAMAHA FACTORY RACING TEAM)/全日本ロード第3戦オートポリス レース1会見
野左根航汰(YAMAHA FACTORY RACING TEAM)/全日本ロード第3戦オートポリス レース1会見

■野左根航汰/YAMAHA FACTORY RACING TEAM(レース1:優勝)
「序盤に想定以上に遅れてしまいました。本当はトップに立って逃げたかったけど逃げることができませんでした。中須賀選手とのバトルになりましたが、後ろにいるとついていけるけど、前に出るとペースを上げられない状態でした」

「優勝はできたけど、実際は2位だと思っていますし、最後までバトルしたかったです」

「2台での争いになると想定していたけど、スタートするとホンダの2台があげてきて、サインボードも『グループ4』という表示になって焦りもありました。明日も混戦になると思うけど、最後まで勝負がしたいし、勝負の末に自分が勝ちたいです」

中須賀克行(YAMAHA FACTORY RACING TEAM)/全日本ロード第3戦オートポリス レース1会見
中須賀克行(YAMAHA FACTORY RACING TEAM)/全日本ロード第3戦オートポリス レース1会見

■中須賀克行/YAMAHA FACTORY RACING TEAM(レース1:2位)
「航汰の言うように、僕も最後までバトルしたかったですね。開幕戦は2レースノーポイントだったので、自分としてはここが開幕戦という気持ちでレースウイークに入りました」

「走行が少ないなかで、勝負できるところまでマシンを仕上げてくれたスタッフに感謝です。明日はいいレースをしたいし、地元のみんなにもいいレースを見せたいです」

「(SUGOで負った)怪我を言い訳にはしたくありません。それに今日はいいレースができました。影響がない訳ではないけれど、言い訳にせず、明日はガチンコ勝負がしたいです」

「時間的にも路面温度は今日と同じような感じになると思うし、周回数はプラス3周の18周。同じような展開になるかなと思います。でも、まだやれることあるから、リズムを合わせながらいいレースをして、最後は勝てるようにしたいです」

水野涼(MuSASHi RT HARC-PRO.Honda)/全日本ロード第3戦オートポリス レース1会見
水野涼(MuSASHi RT HARC-PRO.Honda)/全日本ロード第3戦オートポリス レース1会見

■水野涼/MuSASHi RT HARC-PRO.Honda(レース1:3位)
「岡山ラウンドが中止となり、今回が実質2戦目でした。開幕戦のSUGOと比べると、トップとの差を埋めることができました。その点は前向きにとらえられますが、やっぱり勝たないと意味ないですからね」

「序盤にヤマハの2台が抜けてしまって、清成選手とふたりでペースが上げられずにいました。でも一時、前の2台が抜き差しを始めたら追いついたんです。そのときに無理矢理でも前に出られればよかったのですが、前に出る余裕がなかった。それが敗因です」

「明日はレース1の反省も踏まえて、いいレースがしたいです。走行するたびにタイムは詰まっているので、明日の朝フリーではいつもと違う時間の使い方をして、レースに向けていきたいです」

全日本ロード第3戦オートポリス JSB1000レース1 表彰式
全日本ロード第3戦オートポリス JSB1000レース1 表彰式