高橋裕紀「もう少しタイムを詰めたかった。決勝も気を抜かず全開で走りたい」/全日本ロード第3戦オートポリス ポール会見

 9月19日、大分県のオートポリスで開催されている2020年MFJ全日本ロードレース選手権シリーズ第3戦スーパーバイクレース in 九州のST1000クラス予選を終え、ポールポジションを獲得した高橋裕紀(日本郵便HondaDream TP)が予選を振り返った。

■高橋裕紀/日本郵便HondaDream TP
「2戦連続でポールポジションを取ることができてホッとしています。オートポリスでの目標は、JSB1000の自己ベストである1分49秒台でした。でも先週の事前テストでは1分52秒しか出ておらず、そこから削っていくのが難しかったです」

「予選でが唯一の1分50秒台と言ってもらいましたが、自分としてはもう少しタイムを詰めたかったです。ただ、昨日走れなかったことを考えると、先週テストに来られたことをチームに感謝しています」

「J-GP2の自己ベストは1分51秒5で、予選前までそれにすら届いていませんでした。最低限でも600ccでのタイムは抜きたくて、結果的には抜けたけどもう少しいきたかったです。まだまだ新型CBR1000RR-Rのポテンシャルが引き出せていないので、もっと引き出していきたいです」

「事前テストに来ていたメンバーは少なくて、参加できていなかった名越選手は、昨日も走れていないのに2番手で、タイムも追いつかれています。この感じだと明日はもっと速くなると思うから、決勝も気を抜かず、SUGO同様に全開で走りたいです」