プジョー、トタルとともにル・マン・ハイパーカー開発を正式アナウンス

 プジョーは9月18日、2020年のル・マン24時間耐久レースが行われている期間に合わせ、オンラインでプレスカンファレンスを行い、フランスの石油大手トタルとともに正式にル・マン・ハイパーカー(LMH)開発をアナウンスし、車両のシルエットイメージを公開した。

 すでに2019年12月の時点でル・マン24時間、そしてWECへの挑戦を明らかにしていたプジョー。ただ、その後LMDhやLMHなど、レギュレーションの変化などもあり、当初レベリオンとのコラボレーションなどが発表されたものの、その具体的な参戦計画ははっきりとされていなかった。

 そんななか、開催中のル・マン24時間に合わせ、プジョーはオンラインで参戦に向けた具体像を示すビデオを公開した。プジョーのル・マンウイナーである905、908 HDi FAPとともに、サルト・サーキットのストレートで話し始めたプジョーブランドのCEO、ジャン・フィリップ・インパラトとトタルのストラテジー/マーケティング&リサーチダイレクターのフィリップ・モンタンテームは、プジョーとトタルの25年におよぶ歴史、そしてル・マンを選んだ理由、LMHカテゴリーを選んだ理由を語った。

 プジョーによれば、LMHの選択については、空力的な自由度が挙げられるとしている。これによりプジョー・デザインのサポートを得ながら、ブランドのアイデンティティを採り入れることができるとしている。この日、新たなシルエットのイメージが描かれたスケッチが公開された。

 またこの車両は、トタルとともに開発された電気ハイブリッドハイパーカーとなることが明らかにされた。“ネオ・パフォーマンス”と称され、四輪駆動であるとともに500kwのパワーを誇る。全体的な構造、空力概念、エンジンアーキテクチャの決定がされた後、電気の使用、またハイブリッドに関するコンセプトが決定されたという。プジョースポールがこの開発段階のすべてに携わる。

「このカテゴリーは我々の市販車と技術の存在のすべてを象徴することができる。我々はガソリンと電気のハイブリッドによる新たな方法論とともに、耐久レースに復帰する。プジョー・スポールはすでにそのアイデンティティを変え、508・プジョー・スポール・エンジニアードという新たなハイパフォーマンスカーを生み出している」と語るのは、プジョーブランドのインパラトCEO。

 また、プジョー・スポールのWECプログラムを担当するオリビエ・ジャンソニは「車両はレギュレーションにともない四駆になり、最大200kwのフロントアクスルと電気モーターを備える」と説明した。

「合計で500kwの二駆の車両のパワーレベルと同等になるほか、現状のLMP1と比較して、車両は市販車に合わせ重く、また長く幅広になる。またレギュレーションは性能調整を含んでおり、限界を設定するが、全体的な空力効率をこえない限り、空力は開発における大きな余地を与えている」

 現段階で、新たなプジョーのLMH車両は空力コンセプトの確認を行い、エンジンのフレームワークを決定。さらにハイブリッドの機能を選択。今後は研究、プロトタイプの作成を経て、ベンチテストやコースでの開発を経て2022年のデビューを目指すことになる。

プジョーが公開したLMHカーのシルエットイメージ
プジョーが公開したLMHカーのシルエットイメージ
プジョーが公開したLMHカーのシルエットイメージ
プジョーが公開したLMHカーのシルエットイメージ