ブーメラン型ヘッドライトに注目! 日産・キャシュカイ最新プロトタイプ、大型ディスプレイも激写

■デトロイトモーターショー2018で世界初公開された「Xmotion」を彷彿させるヘッドライト

日産の欧州ベストセラー・クロスオーバーSUV「キャシュカイ」次期型最新プロトタイプをカメラが捉えるとともに、コックピットを初めて撮影に成功しました。

日産 キャシュカイ_002
日産 キャシュカイ 次期型プロトタイプ

キャシュカイは、かつて日本でも「デュアリス」として販売、現在は「キャシュカイ」「ローグスポーツ」などの車名で海外専売モデルとして販売され、欧州ではベストセラーとなる人気モデルへと成長しています。

キャッチした開発車両は、初めてブーメラン型ヘッドライトのアウトラインを確認することができます。2018年のデトロイトモーターショーで世界初公開された「Xmotion」を彷彿させますが、キャシュカイではより鋭角なデザインを取り入れスポーティさが増しているようです。

日産 キャシュカイ_004
日産 キャシュカイ 次期型プロトタイプ

サイドビューでは、ミラーがAピラーからドアへ移動、バックの視認性が向上しているはずです。またベルトラインは後部がキックアップする現行型から、よりフラットなデザインへと新設計されている様子が伺えます。

リアエンドでは、スリム化されたテールライト、ワイド化されたサードブレーキ、より低い位置へ移動しているリフレクターなどが見てとれます。

日産 キャシュカイ_013
日産 キャシュカイ 次期型プロトタイプ

そして初めて捉えたキャビン内には、新しいデジタルインストルメントクラスタ、独立型のタブレット風インフォテイメントを確認、ディスプレイ左のタコメーターは8,000rpmを表示、ガソリンエンジンを搭載していることを示しています。またステアリングホイール後ろのパドルシフターは、このプロトタイプに自動変速機があることがわかります。

次期型では「CFM-C/D」プラットフォームを採用、日産の「e-Power」システムを搭載、三菱のプラグインハイブリッド技術の導入が予想され、それに伴いディーゼルエンジンは廃止される可能性もありそうです。

(APOLLO)