【粟野如月コラム】カーボンGT-Rで全開!ドラッグフェスティバルに参加しちゃいました!【KISA’s DRIFT LIFE vol.47】

ゼロヨン初挑戦でガレージアクティブ“カーボンR”をドライブ

ドラッグデビュー戦での結果やいかに…?

普段はドリフトまみれな私ですが、9月12日にセントラルサーキットで開催されたドラッグフェスティバルで人生初のゼロヨンに挑戦しました! 何もかもが初めての事だらけで、ドリフトともグリップレースとも違う新しい世界を感じることができました。

私が乗ったのは、ガレージアクティブさんの有名デモカー“カーボンR”。本来なら前日に練習走行する予定でしたが、雨天のため中止に。天候に左右されるというのも、ゼロヨンやタイムアタック系の競技ならではですよね。というわけで、大会当日の朝はじめてカーボンRに乗り、ガレージアクティブ代表の坂本さんから直々にレクチャーを受けました。

朝はまだ少し路面が濡れていたこともあり、みんなでコースを行ったり来たり”乾かしの走行”が行われました。カーボンRのミッションはシーケンシャルドグ。ドリフトでも上位カテゴリーのマシンでは主流になっていますが、私はIパターン初体験。この時間のおかげで、少し慣れることができました。

路面が乾いた後、スタート練習×1本→予選×2本という流れで競技は進行していきます。カーボンRは、まず手前で2駆ボタンを押してからバーンナウト。タイヤが温まったら4駆に戻して走行…という“儀式”があるのですが、バーンナウト後に4駆ボタンをちゃんと押していなかったらしく、2駆のままでスタート。リヤが振られることには慣れていますが、逆に4駆に慣れていないので「結構振られるんだな〜」と、ピットに帰ってみんなに指摘されるまで2駆状態に気付いていませんでした(笑)

予選ではちゃんと4駆には戻せたものの、今度はリヤが振られないようにという意識が裏目に出てしまい思いっきりストール…、13.870秒でクラス7位でした。

さぁ、いよいよここからトーナメントです! スタートは無事に成功するのか? ゼロヨン初挑戦の自己ベストタイムは!? この続きは、9月26日発売のOPTION本誌11月号でご覧ください。さらに今回はV-OPTに密着取材もしていただいたので、こちらの模様はYouTubeにも公開されます! 合わせてお楽しみに!