メルセデス・ベンツ Cクラス次期型に初の「オールテレーン」設定へ。プロトタイプをキャッチ

■ボディをリフトアップ、ステーションワゴンより分厚いバンパー、ワイドなサイドシルなど装備

メルセデス・ベンツは、現在主力モデル「Cクラス」ファミリー次期型を開発していますが、かねてから噂のあったオフロード「オールテレーン」市販型プロトタイプを、カメラが初めて捉えました。

メルセデス・ベンツ Cクラス オールテレーン_006
メルセデス・ベンツ Cクラス オールテレーン 開発車両

捉えたプロトタイプはボディをリフトアップ。ホイールアーチの周りにはクラッディングがあるように見え、ステーションワゴンより分厚いバンパー、ワイドなサイドシルなど、アウディ「A4オールロード」、ボルボ「V60クロスカントリー」などに見られるスタイリグ要素を持っています。ボディ側面には、キックアップするキャラクターラインを配置、より力強いイメージです。

メルセデス・ベンツ Cクラス オールテレーン_002
メルセデス・ベンツ Cクラス オールテレーン 開発車両

市販型では、4MATIC全輪駆動システムを標準装備するはずです。またEクラスオールテレーンでは、4.7インチ(121mm)から6.1インチ(156mm)の地上高を可能にする3つの選択可能なエアサスペンションを装備しており、それに準じた装備も期待されます。

キャビン内では「Sクラス」同様にダッシュボードの中央に最新のMBUXインフォテイメントシステムが組み込まれ、HVACシステムのタッチコントロール、センターコンソールのデジタルインストルメントクラスタを装備。スマートフォンの収納スペースには、ワイヤレス充電パッドが付いてくるほか、ベースモデルとはさらに差別化される専用の室内装飾やトリムが配置される可能性があると思われます。

メルセデス・ベンツ Cクラス オールテレーン_007
メルセデス・ベンツ Cクラス オールテレーン 開発車両

パワートレインのラインアップは現段階で不明ですが、ガソリン、ディーゼルの直列4気筒、6気筒パワーユニットのほか、更新された「MRA」プラットフォームのおかげで、ハイブリッドパワーの設定も濃厚と言えそうです。

メルセデス・ベンツは、Cクラス セダン新型を2020年後半、あるいは2021年初頭に発表予定で、 オールテレーン市販型のデビューは、早くとも2021年後半となるでしょう。

(APOLLO)