『シトロエンC3』に和テイストの特別仕様車“INSPIRED BY JAPAN COLLECTION”登場

 日本市場でのブランド躍進を牽引する大ヒットモデル『シトロエンC3』に、フランスデザインチームが監修し、和名を取り入れた日本独自のカラーアクセントをまとう特別仕様車『C3 INSPIRED BY JAPAN COLLECTION(C3 インスパイアード・バイ・ジャパン・コレクション)』が登場。9月17日より発売開始となっている。

 日本でのヒットを受け、より直接的に「日本の文化とお客さまに寄り添った形で企画・開発した」と謳われる今回の特別仕様車は、日本の色彩表現をモチーフとした特別な3種類のカラーアクセントを配し、内装も人気の“Calamel Edition(カラメル・エディション)”と同様のブラウンのテップレザー内装とした日本にとって特別なモデルとなっている。

 エクステリアでは、フォグランプベゼル、エアバンプのアクセント、ドアミラー、ルーフステッカーを特別仕様車だけのためにコーディネイトされたカラーで仕上げられ、アーモンド・グリーンのボディカラーである“Hisui(翡翠)”は、フォグランプベゼルとエアバンプがブロンズに、ルーフステッカーがブロンズ/ブラックとされた。

 同じくサーブルの“Anzu(杏)”はフォグランプベゼルとエアバンプがマットオレンジに、ルーフステッカーがオレンジ/ブラックに。ブラン・バンキーズの“Suzuri(硯)”はフォグランプベゼル、エアバンプさらにドアミラーがタプナード(グレー系)、ルーフステッカーがタプナード/ホワイトでまとめられるなど、ベースモデルのポップな魅力をさらに引き立てるコーディネートが施された。

 インテリアは各色共通でブラウンのアクセントを配したシックな装いとし、価格は税込256万9000円に。全車ともにパワートレインにはPSAグループが誇る名機“PureTech(ピュアテック)”の1.2リッター直列3気筒直噴ターボ(110PS/205Nm)に6速トルコンのEAT6を組み合わせる。

カラーは”Hisui(翡翠)”、”Anzu(杏)”、”Suzuri(硯)”(写真)の3色が設定された
フォグランプベゼル、エアバンプのアクセント、ドアミラー、ルーフステッカーを特別仕様車だけのためにコーディネイト

インテリアは各色共通でブラウンのアクセントを配したシックな装いに

シトロエン コール TEL:0120-55-4106