スバル、“STI Sport”を新設定した改良型インプレッサの先行予約を開始

 スバルは2020年10月8日に発売を予定している『インプレッサ』一部改良モデルの先行予約を、9月17日より全国のSUBARU販売店でスタートさせたと発表した。

 現行・第5世代インプレサッサは、スバルの国内主力車種としてメーカーを牽引する5ドアハッチバックモデルだ。
 
 今回の一部改良では、クルマに乗るユーザーに最高の“安心と愉しさ”を提供することを目指し、スバル・グローバル・プラットフォームや国産初となる歩行者保護エアバッグなどの新技術が採用され、総合安全性能の充実が図られるとともに、動的質感・静的質感の大幅向上が実現されているという。

 また、合わせてラインアップも追加されている。新しくインプレッサのグレードに加わるのは、電動技術“e-BOXER”を搭載した『Advance』と『2.0e-L EyeSight』、そしてインプレッサのスポーティさをより際立たせ、STIのチューニングによって上質かつスポーティな乗り心地を実現した『STI Sport』という計3つのモデルだ。
 
 e-BOXERは水平対向エンジンと電動モーターを組み合わせたパワーユニット。優れた重量バランスと低重心による安定感とともに、モーターアシストによるスムーズな加速と軽快な走りを提供する。

 ラインアップに追加される『Advance』と『2.0e-L EyeSight』では、この電動技術を盛り込むパワートレインが標準装備される。

スバル・インプレッサAdvance(エクステリア:フロント&サイドビュー)
スバル・インプレッサAdvance(エクステリア:フロント&サイドビュー)

 
 一方、STI Sportはスバルのモータースポーツ活動を担うスバルテクニカインターナショナル(STI)が開発を担当するスポーツモデルだ。
 
「走る悦び」の提供。この実現のため、STIは新開発の専用ダンパーをフロントに搭載し、リヤダンパーにも専用チューニングを施すなどインプレッサのコントロール性を100分の1秒単位で磨き上げた。

 この他、内外装ではスポーティさが際立つブラック基調の専用装備が各所に設定され、足回りには225/40R18タイヤとダークメタリック塗装の18インチアルミホイールが奢られる。また、メーカーオプションとなるが“アイサイトセイフティプラス”も用意されている。

 改良型スバル・インプレッサは10月8日発表・発売予定。詳しくはSUBARU公式サイト(https://www.subaru.jp/impreza/2020impreza/)まで。

スバル・インプレッサSTI Sport(インテリア:コクピット)
スバル・インプレッサSTI Sport(インテリア:コクピット)
スバル・インプレッサSTI Sport(エクステリア:リヤビュー)
スバル・インプレッサSTI Sport(エクステリア:リヤビュー)
スバル・インプレッサSTI Sport(18インチアルミホイール)
スバル・インプレッサSTI Sport(18インチアルミホイール)
STIチューニングSHOWA製SFRDフロントダンパーは、路面から伝わる振動の周波数(低周波領域/高周波領域)に応じて減衰力を自動調整する
STIチューニングSHOWA製SFRDフロントダンパーは、路面から伝わる振動の周波数(低周波領域/高周波領域)に応じて減衰力を自動調整する
スバル・インプレッサAdvance(エクステリア:サイドビュー)
スバル・インプレッサAdvance(エクステリア:サイドビュー)
スバル・インプレッサAdvance(インテリア:フロントシート)
スバル・インプレッサAdvance(インテリア:フロントシート)