エクストリームE:クプラ電動大使のマティアス・エクストローム、ABTに加入しEVオフロード戦に挑戦

 ドイツの名門チューナー兼モータースポーツチーム運営を担うABT Sportsline(アプト・スポーツライン)は、すでに参戦を表明済みの独創的電動SUV選手権『Extreme E(エクストリームE)』シリーズに向け、セアトの高性能部門CUPRA(クプラ)をメインパートナーに迎え入れることを発表。チームの“男性ドライバー”には、そのクプラ・レーシングで電動モビリティ開発の大使も務めるマティアス・エクストロームを起用するとアナウンスした。

 2021年1月の開幕を控えるエクストリームEでは、そのチーム構成でも“ジェンダーフリー”を標榜して、男女1名ずつのドライバーでチームを構成するという斬新なフォーマットを採用。ペアは2周のレースで1ラップごとに、550PSを発生するワンメイクEVマシン『ODYSSEY 21(オデッセイ21)』を乗り換えドライブする方式が予定されている。

 舞台となる全5戦の開催地も、気候変動や環境問題によって大きなダメージや悪影響を受けている世界中の過酷な自然環境での競技を予定する。

 そんなシリーズのラウンチ初期から参戦を表明していたアプト・スポーツラインは、ドイツ・ハンブルグにオープンしたヨーロッパ初の販売拠点『CUPRA Garage(クプラ・ガレージ)』のオープニングイベントで公式パートナー契約締結を発表。エクストロームの起用とともに印象的なクプラのフェイスデザインを採用したオデッセイ21を披露した。

 自身のチームを率いてWorldRX世界ラリークロス選手権に参戦し、アウディスポーツとともに2016年にはワールドチャンピオンを獲得したエクストロームだが、ご存知のとおり2001年から2017年にかけてはDTMドイツ・ツーリングカー選手権のトップドライバーとして活躍し、2004年と2007年には2度のドライバーズタイトルも獲得している。

 そんな世界的オールラウンダーは、前例のない革新的で壮大なEVオフロード・シリーズ挑戦に向けた抱負を語るとともに、DTM時代をともに過ごしたチーム復帰を「まるで家に帰ったような気分」だと評した。

ドイツ・ハンブルグにオープンしたヨーロッパ初の販売拠点『CUPRA Garage』のオープニングイベントに出席したアレハンドロ・アガグ(右)とマティアス・エクストローム(右から2人目)
“ジェンダーフリー”を標榜して、男女1名ずつのドライバーでチームを構成するという斬新なフォーマットを採用する

■エクストローム「大きな成果を手にできると信じている」 

「この20年、僕とチームはDTMでの旅を通じて本当に多くのことを成し遂げ、吸収し、ともに成長を続けてきた。こうしてふたたび“ホーム”に戻れたのは光栄だし、今こそ新しい冒険を始めるときが来たようだね」と語ったエクストローム。

「エクストリームEのコンセプトは本当に独創的だ。僕はこの1年間、クプラの開発ドライバーとして電動ツーリングカーの『CUPRA e-Racer(クプラeレーサー)』の開発に携わってきたし、アプトはアウディとともにABBフォーミュラE選手権でタイトルを獲得した成功体験を有している。双方の力が合わされば、この電動SUV選手権でも大きな成果を手にできると信じているし、僕もそのエンジニアリングチームに貢献したいと思っている」

 2018年からロードカーの分野で関係を深めている両ブランドは、電動モビリティ開発の研究が実践可能なシリーズへの関与を深めたいとしており、クプラのCEOを務めるウェイン・グリフィスも「この提携こそ、モーターレーシングの世界で新たな分野を探求したいという、両社の野心を表現するものだ」と参戦への意欲を語った。

「私たちクプラとアプト・スポーツラインは長期的なパートナーとして関係を深めており、e-レーシング(電動化シリーズ)の世界での幅広い経験を通じて、その情熱をレーシングトラックからストリートへ展開したいと考えているんだ」

 この参戦表明に際し、エクストリームE創設者兼CEOであるアレハンドロ・アガグも、強力なエントラントの出現を歓迎する言葉を残した。

「エクストリームEにとっても、公式にシリーズ参戦を表明した最初の自動車ブランドとなるクプラを迎え入れることができ、本当に光栄だ。アプト・スポーツラインの戦果は説明するまでもないが、どちらのブランドも電動モビリティの先駆者であり、自動車市場が真の変化を起こすための正しい道のりを歩んでいることを証明する出来事だ」

「また、マティアス・エクストロームをシーズン1のドライバーとして発表できることも素晴らしいニュースだ。サーキットやグラベルなどフィールドを問わず、彼の才能がどれほど稀有かは記録自体が物語っているし、『オデッセイ21』やシリーズが提起する課題に対し、どんな活躍を演じてくれるか。今からとても楽しみにしている」

 北米の名門Chip Ganassi Racing(チップ・ガナッシ・レーシング)の発表に続く3人目のドライバーとなったエクストロームだが、そのパートナーを務める女性ドライバーは近日中にもアナウンスされる予定だ。

電動モビリティの分野で競合を図る両ブランド。ABTはアウディとの関係も深く、グループ企業のアライアンスも活用しやすい
DTM、WorldRXとあらゆる路面でタイトルを獲得してきたマティアス・エクストローム。EVオフロード戦でも成功なるか