「元VIP屋の野心作!」真のオールラウンダーを目指したトヨタ86改

自走サーキットアタッカーでも不満の出ない快適性を確保

神風ミルキーホワイトの提案する86オールラウンダー仕様!

ジャンルを問わずクルマ遊びの楽しさを伝え続ける新潟県の“神風ミルキーホワイト”。ここで紹介する86は、そんな同社の代表である“まきじゅん(牧野純也氏)”の遊びグルマだ。オリジナルパーツを投入することによって「サーキット良し・街乗り良し・見た目良し」の三拍子を実現したチューンドへと仕上げられている。

エンジン関係は吸気系にレイルのインテークシステムを投入し、排気系には東名パワードの等長EXマニをセット。そこにHKSのフラッシュエディターによる現車セッティングとORCの軽量フライホイールを組み合わせて、純正とはまるで別物のハイレスポンス仕様を作り上げた。また、サーキットでも安心して周回できるようブリッツのオイルクーラーもセットされる。

特徴的なセンター一本出しマフラーは神風ミルキーホワイトのワンオフ品。上流部のフロントパイプもキャタライザー付きのオリジナルを装備している。テールの左右から伸びている黒い棒状の物体はジャッキアップポイントだ。

足回りは、オリジナルの神風~極~レーシングバージョン(FR12kg/mm)とスキッドレーシングのアームでセットアップ。ホイールはウェッズスポーツSA-25Rの18インチ9.5Jを通しで履く。

ブレーキも前後に神風オリジナルのZEKE(ジーク)を装備。フロントが6ポットキャリパー+356mmローター、リヤが4ポットキャリパー+330mmローターのセットだ。

インテリアは赤を基調にコーディネイト。ステアリングはMOMOドリフティング。シートはレカロから販売された2000脚限定のレアモデルSP-J RAPTORを2脚装備している。

追加メーター(水温・油温・油圧・電圧・バキューム)はブリッツ製で統一し、助手席側ダッシュボードとAピラーにバランスよく配置している。

バンパー&フロントフェンダーはイングス製、リヤのトランクパネルはグッドガン製、GTウイングはハセプロ製(+ワンオフ翼端板)と、ほぼ全域に渡って手が加えられたスタイリングは超攻撃的だ。

ルーフはラプラスデザインが施工したカーボンラッピング仕様。エクステリアの雰囲気を引き締めて、ローフォルムを際立たせることが可能なドレスアップ法だ。

「単なる遊びグルマのつもりだったんだけど、ここまでかなりのお金をつぎ込んじゃいましたね」と“まきじゅん”は笑うが、デモカー級のクオリティからは、この86への入れ込みっぷりが伝わってくるというものだ。

PHOTO:土屋勇人

●取材協力:ミルキーホワイト 新潟県長岡市中条新田613 TEL:0256-97-5173