TCRヨーロッパ第2戦:女性ドライバーのミシェル・ハルダーが歴史に名を刻む初勝利

 急遽、WTCR世界ツーリングカー・カップ開幕戦との併催イベントになったベルギー・ゾルダーでのTCRヨーロッパ・シリーズ第2戦は、レース1で地元ニコラス・ベアト(アウディRS3 LMS/Comtoyou Racing)がシリーズ初優勝をマーク。続くレース2では、今季TCRドイツから“物議の移籍”を決めた兄マイクに帯同する、妹のミシェル・ハルダー(FK8型ホンダ・シビック・タイプR TCR/Profi Car Team Halder)が、シリーズの歴史に名を刻む初代女性勝者となった。

 WTCR同様にセダンボディのアウディ勢が猛威を振るった9月12~13日のゾルダー戦は、公式練習から好調を維持したベアトが、ハッチバックモデル最速の意地を見せて喰い下がるマット・オモラ(ヒュンダイi30 N TCR/BRC Racing Team)を退け、自身初の予選ポールポジションを獲得した。

 さらにセカンドロウにはモロッコの英雄メディ・ベナーニ(アウディRS3 LMS/Comtoyou Racing)と、同郷18歳のサミ・タウフィク(アウディRS3 LMS/Comtoyou Racing)が並び、Comtoyouのアウディ勢が上位4台中3台を独占する速さを見せた。

 そんなレース1では、初ポールシッターのベアトがクラッチミートに失敗し蹴り出しが鈍ると、1コーナーでオモラの先行を許す苦しいスタートに。しかしすぐさま挽回のチャンスが訪れ、ターン3でワイドになったオモラに並びかけたベアトのアウディは、続くシケインで競り勝ち首位を奪還してコントロールラインに戻ってくる。

 その背後で抜群のスタートを見せたのが5番グリッドのマイク・ハルダー(FK8型ホンダ・シビック・タイプR TCR/Profi Car Team Halder)で、オープニングで2台のアウディを仕留めて3番手に上がると、2周目のターン1では強引にドアをこじ開けてオモラを抜き去り、2番手へと浮上してくる。

 その後、アンドレアスとジェシカのバックマン兄妹(ヒュンダイi30 N TCR/Target Competition)がウォールにクラッシュしセーフティカーが介入する波乱が起こるも、落ち着いてリスタートを決め14周を走破したベアトが、マイク・ハルダー、オモラを抑えて地元戦でのうれしい初優勝を飾った。

レース1は、初ポールシッターのニコラス・ベアトがクラッチミートに失敗し蹴り出しが鈍ると、1コーナーでマット・オモラの先行を許す苦しいスタートに
レース1は、初ポールシッターのニコラス・ベアトがクラッチミートに失敗し蹴り出しが鈍ると、1コーナーでマット・オモラの先行を許す苦しいスタートに
バックマン兄妹の兄アンドレアスは、2戦連続のリタイアに。レース1はSCやフルコースイエローなど荒れた展開となった
バックマン兄妹の兄アンドレアスは、2戦連続のリタイアに。レース1はSCやフルコースイエローなど荒れた展開となった
TCRドイツでの失格騒動で、ヨーロッパに主戦場を求めたマイク・ハルダーがレース1で2位。ランキングも2位と速さを見せる
TCRドイツでの失格騒動で、ヨーロッパに主戦場を求めたマイク・ハルダーがレース1で2位。ランキングも2位と速さを見せる

■レース2では史上初のTCRヨーロッパ女性ウイナーが誕生

 続く日曜のレース2は、リバースグリッドでフロントロウ2番手に並んだミシェル・ハルダーが攻撃的なドライビングを披露。現選手権リーダーでリバースポールシッターのダン・ロイド(FK8型ホンダ・シビック・タイプR TCR/Brutal Fish Racing Team)に対し、わずかに出遅れながらも追いすがると、1コーナーのアウトサイドから回り込むようにマシンをねじ込んでいく。

 この強気なドライビングで、TCRシリーズのBoP(バランス・オブ・パフォーマンス/性能調整)公式テスター経験もある初代UK王者を仕留めたミシェルは、14周のレース中に1度もロイドの挑戦を受けることなく突き放し、約2秒のマージンを築いてトップチェッカー。

 2位ロイド、3位ダニエル・ナジー(ヒュンダイi30 N TCR/BRC Racing Team)ら実力者たちや、4位に続いた兄のマイクを上回る力強いレースペースで、史上初のTCRヨーロッパ女性ウイナーの称号を手にした。

「まだ信じられない気分。素晴らしいスタートが切れて、最初のコーナーでなんとかリードを奪おうとチャレンジした」と振り返った勝者ミシェル。

「その後も、信じられないことに私のペースは誰よりも速かった。初めて来たゾルダーで1度もミスを犯さず、シリーズで勝利した最初の女性ドライバーになるなんて予想外よ。兄のマイクも前日に2位を獲得したし、素晴らしい週末になった」

 また、本来はこの週末にWTCR、TCRヨーロッパとのトリプルヘッダーでの第2戦が予定されていたETRCヨーロピアン・トラック・レーシング・チャンピオンシップだが、レースウイーク目前になって渡航制限と検疫要件のためFIAから開催延期の通達がなされ、TCRツーリングカーたちとの再演はならず。

 ETRCとしては、スペインのハラマ戦ともども2021年シーズンへの開催延期がアナウンスされ、これで2020年シーズンは全4戦に縮小されることが決まった。

 第2戦を終えたTCRヨーロッパ・シリーズは、この週末の結果で日曜2位に入ったロイドがマイク・ハルダーに対する選手権リードを9点に拡大。続く第3戦は9月26〜27日にイタリア・モンツァでの超高速バトルが予定される。

レース2ではスタートの攻防で抜け出したミシェル・ハルダーが、後方ダン・ロイドを上回るペースで、シビック対決を制する
レース2ではスタートの攻防で抜け出したミシェル・ハルダーが、後方ダン・ロイドを上回るペースで、シビック対決を制する
マット・オモラと同様、レース2で気を吐いたBRC Racingのダニエル・ナジーが3位表彰台を死守した
マット・オモラと同様、レース2で気を吐いたBRC Racingのダニエル・ナジーが3位表彰台を死守した
「60kgを搭載していたわりには、ポイントを稼げて有意義な週末になった」と語った選手権首位のダン・ロイド(左)
「60kgを搭載していたわりには、ポイントを稼げて有意義な週末になった」と語った選手権首位のダン・ロイド(左)