WTCR開幕戦:ホンダ・シビックのジロラミ先勝も、Lynk&Co軍団が表彰台を独占

 いよいよ開幕の日を迎えたTCR規定最高峰シリーズのWTCR世界ツーリングカー・カップは、9月12~13日にベルギーのゾルダーで開幕戦が行われ、レース1はリバースポール発進だったネストール・ジロラミ(FK8型ホンダ・シビック・タイプR TCR/ALL-INKL.COM Münnich Motorsport)が2020年最初の勝者に。続くレース2ではLynk&Co Cyan RacingのLynk&Co 03 TCRが表彰台を占拠し、ヤン・エルラシェール、イバン・ミューラーの親族ペアが早くもワン・ツーを達成した。

 2020年は世界的感染症の流行を受け、幾度ものカレンダー修正を経て来たWTCRは、本来オーストリア・ザルツブルクリンクで予定されていた改訂版カレンダーでの開幕戦開催地が直前になって変更される未曾有の事態に。

 そうした混乱をくぐり抜け12日土曜にゾルダーで開催された予選では、12台進出のQ2でフランス出身のナサニエル・ベルトン(アウディRS3 LMS/Comtoyou DHL Team Audi Sport)が自身初のポールポジションを獲得。2番手にはヤン・エルラシェール(Lynk&Co 03 TCR/Cyan Racing Lynk&Co)が続くフロントロウに。

 さらに3番手以下にはジル・マグナス(アウディRS3 LMS/Comtoyou Racing)、サンティアゴ・ウルティア(Lynk&Co 03 TCR/Cyan Performance Lynk&Co)、イバン・ミューラー(Lynk&Co 03 TCR/Cyan Racing Lynk&Co)と並び、6番手のトム・コロネル(アウディRS3 LMS/Comtoyou DHL Team Audi Sport)を含めトップ6の全車が4ドアサルーンとなり、セダンボディの空力的優位性を見せつける結果となった。

 そんななか、Q2で10番手に入っていたジロラミは、日曜朝のレース1でトップ10リバースグリッドが適用されることから最前列を確保。スタートでもその優位性を利してトップで1コーナーへと飛び込んでいく。

 その背後では2番手に並んでいたハッチバックモデルのジャン-カール・ベルネイ(アルファロメオ・ジュリエッタ・ヴェローチェTCR/Team Mulsanne)を、テッド・ビョーク(Lynk&Co 03 TCR/Cyan Performance Lynk&Co)が仕留め、早々に2番手へと上がってくる。

 一方、ベルネイは初のアルファロメオに苦しんだか、オープニングラップでペースが上がらずアッティラ・タッシ(FK8型ホンダ・シビック・タイプR TCR/ALL-INKL.DE Münnich Motorsport)やコロネルのアウディにもかわされ、5番手にまで後退してしまう。

 すると3周目のバックストレートでは2019年のタイトルコンテンダーであるエステバン・グエリエリ(FK8型ホンダ・シビック・タイプR TCR/ALL-INKL.COM Münnich Motorsport)のシビックが派手なエンジンブローを喫し、白煙を上げてストップ。7周目のホームストレートでは、おなじくティアゴ・モンテイロ(FK8型ホンダ・シビック・タイプR TCR/ALL-INKL.DE Münnich Motorsport)のシビックが息の根を止めるなど、同チームのシビックで首位快走のジロラミには不穏な展開が続く。

2名のワイルドカード枠参戦を含む22名のツーリングカー使いが、ベルギー・ゾルダーに集結した
2名のワイルドカード枠参戦を含む22名のツーリングカー使いが、ベルギー・ゾルダーに集結した
予選トップ10リバースグリッドで開幕したレース1は、FP1で最速だったジロラミが盤石のダッシュで1コーナーを制する
予選トップ10リバースグリッドで開幕したレース1は、FP1で最速だったジロラミが盤石のダッシュで1コーナーを制する
レース1はフロントロウから後続に飲み込まれたジャン-カール・ベルネイだが、なんとか踏みとどまり、移籍初戦を5位で終えた
レース1はフロントロウから後続に飲み込まれたジャン-カール・ベルネイだが、なんとか踏みとどまり、移籍初戦を5位で終えた
家族の誕生を祝い、新ヘルメットで挑んでいたネストール・ジロラミが、シリーズ通算4勝目を飾る好発進を決めた
家族の誕生を祝い、新ヘルメットで挑んでいたネストール・ジロラミが、シリーズ通算4勝目を飾る好発進を決めた

■レース2はスタートでクラッシュ発生も、Lynk&Co艦隊が圧倒

 しかし13周のレース1はそれ以上のポジション変動なくチェッカーを迎え、ジロラミがライト・トゥ・フラッグで2020年の幕開けを祝い、2位ビョークを挟んで3位にもシビックのタッシが入るなど、Münnich陣営にとっては2台ずつ両極端な結果を手にする、複雑な心境のオープニングレースとなった。

「まずチームのみんなに心からおめでとうを言いたい。今季が始まるのを長い間耐え抜いて待った彼らは、今日ここで素晴らしい仕事を成し遂げた」と、シリーズ通算4勝目を飾ったアルゼンチン出身のジロラミ。

「この勝利を得たことはメカニックたちにも良いプレゼントになったし、個人的には僕の小さな我が子と妻にも捧げたいと思う」と、今年1月に父親になったばかりのジロラミ。

 続いて日曜午後に開催されたレース2は前日予選結果でのグリッドが採用され、まずはポールシッターのベルトンが抜群の蹴り出しでホールショット。2番手エルラシェールも、セカンドロウ3番手から僚友ベルトンのサポートを狙うマグナスのアウディを抑え、なんとかポジションをキープしていく。

 その後方では、午前に表彰台を獲得したビョークとタッシがシケインで接触。シビックはドライバーから不評のタイヤバリアに激突し、ビョークのLynk&Co 03 TCRは宙を待った反動でサスペンションを破損し、ここでセーフティカーが導入される。

 4周目にリスタートが切られると同時に、ポール発進だった首位ベルトンがまさかのジャンプスタートによるペナルティを宣告され、続く周回でドライブスルーを消化すると、エルラシェール、マグナス、ミューラー、ウルティアの4台によるマッチバトルが開演。

 アウディ1台で孤軍奮闘した2番手の地元マグナスだったが、後方から迫る百戦錬磨のミューラーに気圧されたか、終盤のシケインでついにオーバーシュート。これで悠々、Lynk&Co艦隊を形成したCyan Racingがそのままチェッカーをくぐり、甥のエルラシェールに続き2位に入ったミューラーは、今季からペアを組むチームメイトの勝利を祝福すると同時に「私にとって、このワン・ツーでの2位は勝利に等しい」と、叔父の顔を覗かせてファミリーでの快挙を祝った。

 これで7位、優勝と連続ポイントでエルラシェールが選手権リーダーに立った2020年WTCRシーズン。続く第2戦は9月24〜26日にドイツ・ニュルブルクリンクの難関コース、ノルドシュライフェを舞台に争われる。

レース2では伏兵ナサニエル・ベルトンがポールからのスタート。しかしこの後、まさかの展開が待ち受ける
レース2では伏兵ナサニエル・ベルトンがポールからのスタート。しかしこの後、まさかの展開が待ち受ける
今季、ルノー・メガーヌR.S.TCRとともにフル参戦を果たしたジャック・ヤングは残念ながら両ヒートとも接触、グラベルでのリタイヤに
今季、ルノー・メガーヌR.S.TCRとともにフル参戦を果たしたジャック・ヤングは残念ながら両ヒートとも接触、グラベルでのリタイヤに
Cyan Racing移籍初戦のサンティアゴ・ウルティアは、レース2で見事表彰台の一角をなす3位に入っている
Cyan Racing移籍初戦のサンティアゴ・ウルティアは、レース2で見事表彰台の一角をなす3位に入っている
「終盤はタイヤマネジメントに専念したが、こうして叔父と表彰台に上がれて幸せだ」とレース2勝者のヤン・エルラシェール
「終盤はタイヤマネジメントに専念したが、こうして叔父と表彰台に上がれて幸せだ」とレース2勝者のヤン・エルラシェール