メルセデス・ベンツ『Eクラス』がデザイン刷新など大幅改良。日本初のARナビも採用

 2016年から日本導入が開始された5代目『メルセデス・ベンツ Eクラス』が大幅改良を受け、新世代ステアリングホイールの初採用やシャープなエクステリアデザインに一新するとともに、対話型インフォテインメントシステム“MBUX”や安全運転支援システムを強化。そのMBUXには日本初のAR(拡張現実)ナビゲーションを搭載するなどアップデートが施され、9月10日より受注開始となっている。

 モデルライフ初の刷新を受けた『メルセデス・ベンツ Eクラス』は、最新メルセデスのデザイン言語を取り入れ、わずかに薄く切れ上がった造形へと変更されたヘッドライトを始め、台形型グリルやバンパー下部左右に2本のフィンが配置されたAMGラインエクステリアを標準装備とするなど、よりシャープな印象のフロントマスクとなった。

 一方のリヤエンドは、従来の『Sクラス』や『Cクラス』に倣った縦方向に面積のあるテールランプから、SUVバリエーションでも見受けられる横方向への分割型コンビネーションランプへと変更され、ボディのワイドさとダイナミックさを強調するデザインとなっている。

 インテリアではメルセデス・ベンツで初となる新世代のステアリングホイールを採用。スポーツ系とAMGモデルは3本のツインスポークを持つ形状とし、ナビやクラスター内の各種設定や安全運転支援システムの設定をすべて手元で完結できる機能を備えた。

 また、従来はタッチコントロールボタンへの接触やステアリングホイールにかかるトルクで判定していたディスタンスアシスト・ディストロニック使用時のハンズオフ検知機能は、新たにリムに静電容量式センサーを備えたパッドへと変更され、ドライバーがステアリングを握っているかどうかの認識精度が高まり、より使い勝手を向上させている。

 12.3インチの大型ワイドスクリーン2画面を備えるMBUX(メルセデス・ベンツ ユーザーエクスペリエンス)は、今回さらにドライバーのジェスチャーを読み取ることで各種ライトを点灯させたり“Vサイン”をかざすことで操作が可能に。アンビエントライトの設定画面などプリセットされたインフォテインメントシステムのお気に入りメニューを表示することも可能となった。

エクステリアデザインをシャープでダイナミックな印象に一新した5代目『メルセデス・ベンツ Eクラス』
エクステリアデザインをシャープでダイナミックな印象に一新した5代目『メルセデス・ベンツ Eクラス』
リヤは現行のSUV系なども連想させつつ、かつての面影も残す分割型コンビネーションランプへと変更された
リヤは現行のSUV系なども連想させつつ、かつての面影も残す分割型コンビネーションランプへと変更された

 さらに、日本市場で販売されるモデルとしては初めて、AR(拡張現実)技術を採用したナビゲーションシステムを搭載。従来のガイドに加えて、車両の前面に広がる現実の景色がナビ画面の一部に映し出され、その進むべき道路に矢印が表示されるなど、より直感的に進路を判断することが可能となった。

 パワートレインには、1.5リッター直列4気筒直噴ターボの“M264”に48V電気システムやBSG(スターター兼ジェネレーターモーター)を備えたマイルドハイブリッドの出力違い(E200/E300)を設定。伝統の“スリーポインテッド スター”が輝くボンネットマスコットに、緩やかな多角形のラジエーターグリルとクローム加飾のバンパーを備えるE450 4MATICエクスクルーシブには、コンパクトな3リッター直列6気筒におなじく48V電装系とISG(インテグレーテッド・スターター・ジェネレーター)を持つ最新ユニットを搭載。

 そのほか、2リッターの直列4気筒クリーンディーゼル(E220d)に、さらに90kW/700Nmのモーターを組み合わせたディーゼル・プラグイン・ハイブリッド(E350de)、そのガソリン版たるE350eも用意されるなど、世界を代表するEセグメントサルーンに相応しいラインアップを誇る。

 また、高性能モデルのメルセデスAMGには“53シリーズ”に加え、最高出力612PS、最大トルク850Nmを発揮する4.0リッターV8直噴ツインターボの“63 S”を導入。セダン、ステーションワゴンに加えて、E220d 4MATICオールテレインなど多彩なモデルバリエーションを揃えた。本格デリバリーはこの9月から順次開始され、価格は769万〜1867万円(税込)となっている。詳細はメルセデス・ベンツの公式ホームページ(https://www.mercedes-benz.co.jp/passengercars/mercedes-benz-cars/models/e-class/e-class-saloon/explore/model-year-update-w213.module.html)まで。

インテリアではメルセデス・ベンツで初となる新世代のステアリングホイールを採用。E450 4MATICエクスクルーシブでは、 ブラックアウトされたスポークに(写真は欧州仕様)
インテリアではメルセデス・ベンツで初となる新世代のステアリングホイールを採用。E450 4MATICエクスクルーシブでは、 ブラックアウトされたスポークに(写真は欧州仕様)
ARナビは、従来のガイドに加えて、車両の前面に広がる現実の景色がナビ画面の一部に映し出され、その進むべき道路に矢印が表示される
ARナビは、従来のガイドに加えて、車両の前面に広がる現実の景色がナビ画面の一部に映し出され、その進むべき道路に矢印が表示される